2,750円(税込)以上で送料無料

月刊ホテル旅館
2019年10月号
定価 2,200円(税込) 在庫あり


発行年月 2019年9月21日
判型 A4変
頁数 160頁

banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》民泊や簡易宿所は成長モデルとなるか!? 多様化する宿泊業態
需要拡大や民泊新法の施行を追い風に、宿泊産業への参入のハードルが下がった昨今、スタイリッシュなカプセルホテルや和風を全面に打ち出したインバウンド向けホテルなど、既成概念から自由な新しい営業スタイルが生まれようとしています。民泊や簡易宿所は安かろう悪かろうのイメージを払拭。デザインやサービス面で特色ある施設へと進化を遂げつつあります。
本特集では、宿泊業のマーケットに誕生した注目の新業態の施設を解剖し、さらに踏み込んで掘り下げます。

●新業態施設のビジュアル解剖
“すべての人”に寄り添うダイバーシティホテルが誕生
CEN DIVERSITY HOTEL & CAFE(東京・新宿区)

インバウンド・グループ客にフォーカスした2種のホテルブランド
Minn 北梅田(大阪市・淀川区)/ Theatel Haneda(東京・大田区)

隅田川岸の下町にオープンしたグループ客向けの最新鋭無人型ホテル
PLAYSIS ASAKUSA(東京・墨田区)

不動産関連のネットワークを生かし、民泊施設を都市部で出店
pebliss 翼・壱(東京・大田区)/ pebliss 煌・壱(東京・板橋区)

進化するホステル・民泊施設の最新デザイン
アルビダホテル青山/ Guesthouse Cafe&Bar ちゃぶだい/
CAFETEL 京都三条 for Ladies / hotel zen tokyo /
CONTACT GOEN LOUNGE & STAY SAPPORO


<SPECIAL TOPICS>
インバウンド急増時代のIT活用法
帝国ホテル/ホテル1899東京/ソフトバンクロボティクス


<今月の注目ホテル>
グローバルエージェンツが旗艦ホテルを開業
THE LIVELY HAKATA FUKUOKA(福岡市・博多区)

ほか



[目次PDFを見る]