食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2019年7月号

拡大表示

《特集》肉料理+α
発行年月
2019年6月19日
判型
A4変
頁数
160頁
定価
1,650円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

・諸般の事情により2019年4月号から定価を本体1,500円+税に値上げしました。

《特集》肉料理+α
どこか個性を出しづらいイメージもある肉料理ですが、しっかりと自店ならでのカラーを打ち出しているレストランもあります。
それはたとえば、肉の火入れだったり、素材の組合せの妙だったり、プレゼンテーションであったり。
あるいは店のスタイル自体が、注目を集める場合もあります。
今月は、肉料理に+αをして「オンリーワンの肉料理」を作るための表現方法を学びます。

●「肉料理+α」の作り方
関谷健一朗 (ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション)/ 葛原将季(レミニセンス)/ 平 雅一(ドンブラボー)/
相原 薫(サンプリシテ)/ 谷口英司(レヴォ)/ 山本嘉嗣(アラルデ)/ 石井 剛(モノリス)/
善塔一幸(ラ・メゾン・クルティーヌ)/ 山本聖司(ラ・トゥーエル)/ 藤田政昭(ラチェルバ)


●柴田イタリア料理研鑽会「牛肉を使ったメイン料理」
挑戦者 坂本 健 (チェンチ)/ 塩澤隆由(cainoya)/ 筒井光彦(リストランテ キメラ)
立会人 村田吉弘(菊乃井)/ 山根大助(ポンテベッキオ)/ 橋義弘(瓢亭)


●「一人で、肉料理」というスタイル
中森隆司 (ムーグルモン)/ 塩山 龍(キ フー キ)


●< TOPIC >
「villa aida」20周年イベントレポート
“MY WAY EXPO 2019”



ほか


月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ