食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊ホテル旅館2019年8月号

拡大表示

《特集》 「スパ&温泉」の最大活用術
発行年月
2019年7月22日
判型
A4変
頁数
152頁
定価
2,160円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》「スパ&温泉」の最大活用術
今や日本を代表する文化として、インバウンドにもその魅力が知れ渡った温泉入浴施設。シティホテルのみならず、リゾートホテルや旅館にまで、必須の施設として広がりを見せるスパ。これら集客のマグネットとなる装置を、どのように刷新、バリューアップしていくべきか。
ここに最新の事例を紹介し、令和の時代に求められる施設づくりを探っていきます。

東京ドームグループのノウハウと熱海の眺望を生かした新時代のリゾート施設が誕生
ATAMI BAY RESORT KORAKUEN(静岡県・熱海市)

約半年間の大改装で、展望インフィニティプールと温泉半露天風呂付帯の新客室を設置
鴨川館(千葉県・鴨川温泉)

温泉を導入し、観光客など多様な需要を開拓。地域の核となるコミュニティ型ホテル
ザ・シロヤマテラス津山別邸(岡山県・津山市)


◆スパ・エステサロンの最新施設紹介

1. セルリアンタワー東急ホテル
「カージュラジャ エステティックサロン」(東京・渋谷区)

2. 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
「エステサロン ウィンバックSPA PRISME」(神戸市・東灘区)

3. ラビスタ霧島ヒルズ
「BARAKA SPA」(鹿児島県・霧島市)


◆「The Okura Tokyo」に誕生するトータルウェルネスの発信地
「Okura Fitness&Spa」


◆ホテル・旅館のウェルネスビジネスに役立つ最新情報


ほか

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ