食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

フードコーディネーター教本20173級資格認定試験対応テキスト

拡大表示

フードコーディネーターが必要とする食の知識を網羅
発行年月
2016年12月21日
判型
A5
頁数
320頁
著者
特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
定価
3,240円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-15337-4


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


食の商品開発、レストランプロデュース、食のイベント・メディア……
細分化され専門化する食の世界で、スペシャリストとしての専門分野を持ち、それぞれの分野を複合的にコーディネートするのが、フードコーディネーターの仕事。
言い換えれば、フードコーディネーターとは、食をテーマに「ヒト・モノ・コト」そして「情報」をトータルにプロデュースする食の専門家です。

「フードコーディネーター教本」は、フードコーディネーター3級資格をとるためのテキストとして1998年に発行し、毎年少しずつ改訂を重ね、フードコーディネーターをめざす多くの人に活用されてきました。
昨年、約6年ぶりの大幅改訂をし、つねに新しい情報を提供できるように、年度版として刊行することとなりました。
本書は、その2017年版。フードコーディネーターに必要な基礎知識を、「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の4分野に分け、体系的にわかりやすく解説。資格取得をめざす人だけでなく、食の世界を学びたい人にも必携の一冊です。

本書は、フードコーディネーターに必要な基礎知識を、「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の4分野に分け、体系的にわかりやすく解説しています。

章立ては以下の通り。

「文化――食文化」

第1章 食の歴史と文化と風土
第2章 食品・食材の知識
第3章 調理方法と調理機器

「科学――健康と栄養と安全」

第4章 厨房の基礎知識
第5章 健康と栄養
第6章 食の安全

「デザイン・アート――食環境デザインと芸術的創造性」

第7章 食空間のあり方
第8章 食空間と内装デザイン
第9章 食空間とテーブルコーディネート
第10章  テーブルサービスとマナー

「経済・経営――経済的概念と食関連事業経営実務」

第11章  フード・マネージメント
第12章  メニュープランニング
第13章  食の企画・構成・演出の流れ

フードコーディネーター教本2017(見本)

フードコーディネーター教本2017(見本)

食品の栄養素や衛生管理など科学の分野、レストランの事業計画やメニュープランニングなど経営・経済の分野は、これから学ぼうとする人にはとっつきにくい内容かもしれません。

しかし、本書では、図や表、イラストを多用して、視覚的にもわかりやすく整理しました。
ビジュアル面でも、知識習得をサポートします。

フードコーディネーター教本2017(見本)

フードコーディネーター教本2017(見本)

特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会
1994年7月に設立。「フードコーディネーター」という職業の社会的認知の促進と地位の向上をめざすとともに、公正な資格認定を制度化。フードコーディネーター資格認定試験制度の策定・実施をはじめ、フードビジネスにおいてさまざまな事業を推進している。

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ