食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

使えるたまごレシピふわふわ、トロトロ、つるり、しっとり。おつまみからデザートまで和・洋・中114品

拡大表示

頼れる素材が本領発揮!
発行年月
2016年6月23日
判型
A5
頁数
144頁
著者
野崎 洋光秋元 さくら有馬 邦明田村 亮介 共著
定価
1,404円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06235-5


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


ほぼ毎日のように食卓に登場する卵。
安価なうえに日持ちもし、和、洋、中どんなジャンルの料理や調理法ともなじみ、色も美しく形も自由自在と、いいこと尽くしの優秀素材です。定番料理の数も多く、知り尽くした素材のひとつといっていいでしょう。

しかし、プロならではのアイデア料理はこのシリーズ共通の魅力。本書をご覧いただければ、まだまだ知らなかった卵料理、卵の使い方が数多くあったことに驚かされます。
また定番料理であっても、おいしく作るにはプロのアドバイスが役に立ちます。身近な素材の新たな魅力を、本書より再発見してください。

レシピの難易度:★

オムレツ/卵焼き/スクランブルエッグ・卵炒め・卵とじ/ゆで卵で作る/ポーチドエッグ・目玉焼きで作る・・・といった、作る頻度の高いと思われる料理からスタート。
次に、漬ける・凍らせる/蒸して作る/まとわせる卵/たれ・ソース/卵白で作る/うずらの卵で作る、と続き、後半はご飯・麺/軽食/スープ・汁物、そしてデザートと盛りだくさんの内容です。

和食、フレンチ、イタリアン、中華といった、料理ジャンルごとに分けてはいないので、たとえば同じゆで卵を使う料理であっても、とてもバラエティに富んでいます。

使えるたまごレシピ(見本)

使えるたまごレシピ(見本)

素材を象徴する色を使うのが、このシリーズ共通のカバーデザインです。
卵といえば、もちろん白と黄色。今回はゆで卵のイメージで、グロスPP加工でピカピカつるつるに仕上げました。イラストの黄身の部分にだけ黄色を使った、贅沢な2色刷りです。

かき玉汁やスクランブルエッグのふわふわ感、ポーチドエッグや卵とじのトロトロ感、つるりとしたゆで卵、しっとりとした蒸し料理・・・。それぞれのおいしさを充分に表現した料理写真です。
定番のオムレツや卵チャーハンなど、一部の料理はプロセス写真付きでご紹介しています。

使えるたまごレシピ(見本)

使えるたまごレシピ(見本)

[担当編集者より]
卵白は、卵黄に比べて目立たない存在ですが、本書では、この卵白が主役といってもいい料理をいくつかご紹介しています。卵白のおいしさを、再認識していただけるかもしれません。
たとえば田村さんにお作りいただいた「卵白かに玉」。全卵で作るおなじみのかに玉よりさっぱりとして、加えた野菜の味もより感じられました。いくらでも食べられそうな、軽くておいしいかに玉です。
フライパンでゆっくり焼いて作ることができるので、卵料理のスピード感が苦手な方にもおすすめです。これからは、卵黄を使う料理やお菓子を作る際に、卵白を捨ててしまわずにすみそうです。

*編集部だよりは、こちら

◎野洋光(のざき・ひろみつ)
1953年、福島県石川郡古殿町生まれ。武蔵野栄養専門学校を卒業後、「東京グランドホテル」の和食部に入社。
5年の修業を経て「八芳園」に入社する。1980年、東京・西麻布「とく山」の料理長に就任。
1989年、「分とく山」を開店し、総料理長となる。2003年、南麻布に移転し、現在に至る。
テレビや雑誌にも多数登場し、著書も多数。古くからの日本の食文化にも造詣が深い。
日本料理の伝統を守りつつ、つねに時代に即した新しい調理技法を日々追求している。
著書に『完全理解 日本料理の基礎技術』『日本料理 味つけ便利帳』『野さんのおいしいかさ増しダイエットレシピ』『日本料理 前菜と組肴』(すべて柴田書店刊)他がある。

◎秋元さくら(あきもと さくら)
1980年、福井県生まれ。大学卒業後、大手航空会社に勤め、調理師学校に入学。
東京・新宿の「モンドカフェ」で修業を積み、「オー・ギャマン・ド・トキオ」の木下威征氏に師事したのち独立する。
2009年、ソムリエである夫とともに、目黒でフランス家庭料理レストラン「モルソー」(morceau)をオープン。
やさしい味わいと心地よいサーヴィスが評判を呼び、満席が続く人気店となる。
白金の「スパ白金」内のカジュアルフレンチレストラン「ユトリロ」もプロデュース。
雑誌掲載、テレビ出演多数。著書に『もてなし上手のサラダ・レシピ』(SBクリエイティブ刊)他がある。

◎有馬邦明(ありま くにあき)
1972年、大阪府生まれ。調理師学校卒業後、1996年に渡伊。ロンバルディアやトスカーナで2年間修業を積む。
帰国後、東京や千葉のイタリア料理店でシェフを務め、2002年東京・門前仲町に「パッソ ア パッソ」をオープン。
人情味あふれる下町を愛し、町内会の神輿も担ぐ。旬の食材を求めて全国を駆け回り、生産者の思いを聞く。
また米作りには自らも携わる。素材にとことんこだわり、季節の味を最大限に活かす料理が人気を集める。

◎田村 亮介(たむら りょうすけ)
1977年、東京都生まれ。高校卒業後、調理師専門学校に進学。卒業後、中華料理の道に入る。
広東名菜「翠香園」(神奈川・横浜中華街)、「華湘」(東京・池袋)で修業を積み、2000年「麻布長江」(東京・西麻布)に入社する。
2005年、かねてから念願だった台湾に渡り、四川料理店、精進料理店で本場の中国料理を肌で学び、研鑽を積む。
2006年に帰国し、「麻布長江 香福筵」料理長に就任。2009年に同店のオーナーシェフとなる。

[目次PDFを見る]

関連商品

使えるきのこレシピ
定価1,404円(税込)
使える豆腐レシピ
定価1,404円(税込)
使えるじゃがいもレシピ
定価1,404円(税込)
使える牛肉レシピ
定価1,404円(税込)
使える魚介レシピ
定価1,404円(税込)
使える豚肉レシピ
定価1,404円(税込)
使える鶏肉レシピ
定価1,404円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ