食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

スペインバル ブックfood & style

拡大表示

スペイン各地に現地取材、スペインバルの魅力と多種多様なバル・メニューをキメ細かくカラーで紹介。
発行年月
2008年2月7日
判型
B5変
頁数
144頁
著者
柴田書店 編
定価
2,592円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06029-0


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


スペインバルとはカウンターがあり、注文すればすぐに出てくるタパスがあって、ひとりでも大勢でも、軽く飲むのもじっくり味わうのもOKな場所。だけどそこには、スペインのスピリット、フレンドリーな雰囲気と、おいしさに対してはトコトン忠実な姿勢をもっていることが、肝心です。
この本はスペインバルのスタイルブックです。
今、日本でブームをおこしているスペインバルの魅力に徹底して迫ります。スペインバルをつくる人のため、バルを楽しむ人のため、スペインのバル業態から何らかのエッセンスを得たい人のため、その「味」と「店づくり」のさまざまをお見せします。

レシピの難易度:★

◎業界プロの目でみる、スペイン本場のバルスタイル
スペインのバルにも地方色があります。
地域によって、一軒一軒の個性によって、店の雰囲気もタパスのバリエーションもいろいろ。丹念な現地取材によって、全国津々浦々の人気バル、人気居酒屋をレポートします。
各地方の素材、基本のタパスや料理のバリエーション、提供方法のあれこれなど、本場のおいしい情報が満載です。

スペインバル ブック(見本)

スペインバル ブック(見本)

◎スタンダード・タパスの“ツボ”とは?
バルのタパスといえば、生ハム、オリーブ、トルティージャ・・・。
どの店にも必ずあり、だからこそ、その店の味のレベルを象徴するタパスです。スペイン人の生活とバルの日常に欠かせない、これら基本のおつまみ料理の“おいしさ”に徹底して迫ります。

◎各地の伝統料理に、バルメニューのヒントがざくざく
スペインバルはメニューが勝負。定番タパスはもちろん、もっとたくさんのおいしさを知りたいもの。スペインのシェフたちに、とっておきの伝統料理のなかから日本のスペインバルで提供するのにふさわしいお皿を紹介してもらいました。

◎日本の人気スペインバルの、味づくり、店づくり
日本各地の人気バルも徹底レポートします。
日本の素材を使い、日本人に愛される「スペインの味」をレシピつきで紹介。店づくりのコンセプトや、成功の次にある店舗展開への考え方などもレポートします。

スペインバル ブック(見本)

スペインバル ブック(見本)

[目次PDFを見る]

関連商品

ピンチョス360°
定価2,700円(税込)
タパスマニア
定価1,944円(税込)
アヒージョ! ajillo!
定価1,404円(税込)
タパス360°
定価2,700円(税込)
個性派ビストロの魚介料理
定価2,700円(税込)
ワイン食堂のメニューブック
定価2,808円(税込)
トーキョーバル ネクスト
定価2,700円(税込)
トーキョーバル
定価2,700円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ