最新のランドセルリュック-ナイロン製でおしゃれなモデルは?

話題のランドセルの代わりとなるリュックサックのトレンドと選び方をまとめます。実際の人気モデルも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

※ランドセルリュック2025最新情報!

 

工房系の池田屋には、650gと軽量の「エアリュックR」があります。

 

ランドセルリュックの中には保証が無いものもありますが、こちらは「6年間無料修理保証」付きで、卒業まで安心して使えます。

 

また、Rikomonの「リュッセル」では、2025年度新色が追加。ラインナップがさらに充実したので、こちらもあわせてチェックしてみてください!

 

ランドセルの重さが気になる人向けに、ランドセル型のナイロン製リュックサックを製造するメーカーが増えています。

 

この記事では、ナイロン製のリュックサックのトレンドをまとめた上で、おすすめモデルを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、人工皮革や本革製の軽いランドセルについては、別の記事でまとめているので、気になる人はこちらもあわせてチェックしてもらえばと思います。

 

この記事では、「ランドセル型のナイロン製リュックサック」を「ランドセルリュック」と記載します。

 

株式会社マルヤスの「ランリックR(ランリュックR)」は商品名で固有名称となります。言葉が似ており間違えやすいのでご注意ください。

 

 

 

最新のランドセルリュックのトレンド

最新のランドセルリュックのトレンド

 

男の子

 

男の子向けのランドセルリュックは、スポーティーなデザインが人気です。軽量で機能性に優れた防水素材を使ったものなどが特に注目されています。

 

また、スタイリッシュなデザインやカラーバリエーションが豊富なランドセルリュックも人気となっています。

 

男の子らしいデザインと機能性を兼ね備えたランドセルリュックを選ぶと、子どもたちもお気に入りになるでしょう。

 

女の子

 

女の子向けのランドセルリュックは、シンプルで高級感のあるデザインやパステルカラーのものが人気となっています。

 

通気性に優れたメッシュ素材や汚れがつきにくい素材、使いやすいポケットがあるものなど収納力も注目されています。

 

女の子らしいデザインや機能性を重視したランドセルリュックで、子どもたちも大喜びするでしょう。

 

 

ランドセルリュックの機能性

ランドセルリュックの機能性

 

ランドセルリュックは、背負いやすさや耐久性、収納力などの機能性に優れたものが多くあります。

 

例えば、軽量で通気性の良いメッシュ素材を使用したものや、強度が高く耐久性がある素材を使用したものなどがあります。

 

また、防水や防汚加工があるものや、反射材を使用したものもあり、通学時の安全性を考慮した設計がされています。

 

収納面でも、A4サイズの書類や教科書が入る大きなポケットや、スマートフォンや財布を収納するポケット、飲み物ボトルを収納できるポケットがあるものなど、使いやすくなっています。

 

さらに、背負う側のクッション性や肩ベルトの厚みなども考慮され、長時間背負っても疲れにくく工夫されています。

 

機能性に優れたランドセルリュックを選ぶことで、子どもたちが快適に通学できるだけでなく、健康的な背負い姿勢を維持することもできます。

 

 

ランドセルリュックの選び方

ランドセルリュックの選び方

 

デザイン

 

ランドセルリュックは、デザインも選ぶポイントの一つです。子どもたちが気に入ったデザインのものを選ぶことで、通学するのが楽しくなるでしょう。

 

先ほど紹介したように、男の子向けはスポーティーなデザインやおしゃれなデザイン、女の子向けはシンプルなデザインやパステルカラーの可愛らしい色合いのものが人気です。

 

さらに、デザインには、縫い目やボタンなどの細かい部分にも注目することが大切です。

 

縫い目がきちんと処理されていたり、ボタンやファスナーがしっかりとしたものであると、耐久性が高く長く愛用することができます。

 

素材

 

ランドセルリュックの素材は、機能やデザインに大きく影響します。通気性や耐久性、防水性などを考慮して適切な素材を選ぶことが大切です。

 

通気性の良いメッシュ素材を使用したランドセルリュックは、汗をかいた時のムレを軽減することができます。

 

また、通気性が高いため、雨の日でも中のものが湿気を帯びにくく、カビの発生を防ぐことができます。また、メッシュ素材は軽量で丈夫なため、長時間背負っても負担が少なくなります。

 

防水性のある素材を使用したランドセルリュックは、雨の日でも中のものを濡らすことなく、大切なものを守ることができます。

 

また、汚れがつきにくいため、長期間きれいな状態を保つことができます。そして最近は、リサイクル素材を使用したものも増えてきています。

 

リサイクル素材は、環境に配慮した素材であり、ランドセルリュックの中でもエコな素材を採用しているものは、子どもたちの環境教育にもつながります。

 

耐久性に優れた素材や高級感のある素材、カラフルな素材など様々な種類があるので、機能やデザインを考慮して選んでみてください。

 

収納力

 

ランドセルリュックの収納力は、通学に必要な書類や文具、水筒などを入れるのに重要なポイントです。

 

大きなポケットや小さなポケットが適切な位置に配置されているものなど、子どもたちが必要とするものを収納できるポケットが多いものを選ぶことが大切です。

 

また、収納力だけでなく、収納スペースの使いやすさも重要です。収納スペースが広いだけでなく、中身を整理しやすくするために、仕切りやポケットがあるものがおすすめです。

 

水筒を立てた状態で収納できるポケットやタブレット専用のポケットなど、使い勝手を考慮したポケットが多いものを選ぶとよいでしょう。

 

さらに、収納力だけでなく、荷物が重くなっても背負いやすいことが重要で、重いものを入れても形が崩れないものがおすすめです。

 

また、荷物が増えた時でも、追加の収納スペースを増やせる拡張機能があるものも便利です。

 

収納力にはポケットや仕切り、収納スペースの使い勝手など様々な要素が関係しているので、これらの要素を考慮して、自分に合ったランドセルリュックを選びましょう。

 

背負いやすさ

 

ランドセルリュックは、背負いやすさも選ぶポイントの一つです。長時間背負うことが多いため、軽量で背中にフィットするものがおすすめです。

 

肩ベルトの幅や厚みも重要なポイントで、長時間の背負いでも疲れにくいように、幅広く厚みのある肩ベルトが付いているものを選ぶとよいでしょう。

 

また、背負いやすさは、背面のクッション性も影響するので、背面がクッション性のあるものであれば、背中に負担がかかりにくくなります。

 

そして、子どもたちの成長に合わせて肩ベルトを調節できることも大切です。体に適切にフィットすることで体感重量の軽減につながります。

 

このように、背負いやすい機能が充実したランドセルリュックがたくさんあるので、自分に一番合うランドセルリュックを見つけてください。

 

 

おすすめの最新ランドセルリュック

 

エアリュックR(池田屋)

池田屋エアリュックR ブラック×ペールブルー

 

価格 【本体のみ】53,000【コーデュラライト】63,000円【ベルバイオ】63,000円
素材 【本体のみ】コーデュラナイロン【コーデュラライト】コーデュラナイロン【ベルバイオ】コーデュラナイロン、ベルバイオ
重さ 【本体のみ】650g【コーデュラライト】780g【ベルバイオ】790g
カラー
モデル数
【本体のみ】ベージュ、ブラック、ネイビー
3種類【コーデュラライト】ベージュ、ブラック、ネイビーなど
9種類【ベルバイオ】ベージュ、ブラック、ネイビーなど
18種類
特徴 6年間の保証付きで別売りのかぶせを付け替えることで雰囲気を変える事ができる
URL https://www.pikachan.com/lp/airruck/

 

リュッセル ナイン(Rikomon)

Rikomonリュッセルナイン キャメル

 

価格 49,500円
素材 ナイロン中空糸生地、タフガード
重さ 999g
カラー
モデル数
スカイブルー、グレー、ベージュ、ブラック、ネイビー、レッド、グリーンなど
12種類
特徴 ランドセルリュックには珍しい6年間の充実した保証付き
URL https://rikomon.com/view/item/000000000019

 

ラクルスタイル ランドセル型リュック(イオン)

イオンラクル ランドセル型リュック クロ

 

価格 27,500円
素材 再生ポリエステル
重さ 780g
カラー
モデル数
ブラック、ピンク、カーキ、サックス、ネイビー、パープル
6種類
特徴 肩への負担を軽くするショルダーストラップや体型に合わせて体にフィットさせるチェストベルト付き
URL https://aeonretail.com/product/0/P-2312870525018/P-231287052501801/

 

UMI(アートフィアー)

豊岡鞄スクールリュック UMI  ラベンダー

 

価格 52,800円
素材 タフガード、ナイロン
重さ 1,230g
カラー
モデル数
ブルー、ブラック、ピンク、レッド、スカイ、ラベンダー
6種類
特徴 豊岡鞄認定の大容量で豊富な機能が詰まったスクールリュック
URL https://www.store.artphere.com/pages/umi-top

 

ポーターランドセル(PORTER)

ポーターランドセル ネイビー

 

価格 84,700円
素材 牛革、ナイロン
重さ 1,450g
カラー
モデル数
ネイビー、ブラック
2種類
特徴 本体はナイロン、かぶせはウレタンコーティングを施した牛革使用のポーターらしいオシャレなモデル
URL https://www.mistore.jp/shopping/product/900000000000000002306292.html

 

超軽量ランドセルNシールドF(ニトリ)

ニトリ超軽量ランドセルNシールドF ラベンダー

 

価格 19,990円
素材 Nシールド加工ポリエステル
重さ 840g
カラー
モデル数
ブラック、パープル、グレー
3種類
特徴 汚れても手洗いできる撥水加工生地使用の840gの軽量で使いやすい機能が充実
URL https://www.nitori-net.jp/ec/product/2116100000319s/

 

NuLAND <ニューランド>(RANAOS)

RANAOSニューランド

 

価格 【スタンダード】39,600円【Shiny】43,780円【クアルテック】60,500円【PEANUTS】60,500円
素材 【スタンダード】循環型リサイクルポリエステルRENU【Shiny】東レ(エコユース)【クアルテック】循環型リサイクルポリエステルRENU、ポリエステル100%QUARTECH【PEANUTS】ピーナッツレザー
重さ 【スタンダード】930g【Shiny】840g【クアルテック】870g【PEANUTS】900g
カラー
モデル数
【スタンダード】ブラック、ネイビー、キャメル、レッド
4種類【Shiny】ピンク、グレープ、オリーブ
3種類【クアルテック】ブラック、レッド、キャメル、ダークネイビーなど
8種類【PEANUTS】チョコレート
1種類
特徴 軽量で背負いやすく、クアルテックのブラックはファスナーカラーが選べるモデル
URL https://nuland.jp/pages/nuland2024

 

FREEG(フリージー)

FREEG(フリージー)レッド

 

価格 32,780円
素材 【本体】ポリエステル【フラップ】合成皮革
重さ 1,230g
カラー
モデル数
ブラック、ネイビー、レッド、ラベンダー
4種類
特徴 特許技術AGSにより体感重量を48%削減した無重力ランドセルリュック
URL https://freeg.jp/feature.html

 

その他のランドセルリュック

 

メーカー モデル名 価格 重さ
ムラタ ナップランド 8,800円 850g前後
モンベル わんパック(One-Pack) 14,850円 930g前後
ビームス mini ラクリ(RAKURI) 16,500円 930g前後
きつつき工房 なないろランドセル 14,800円 810g前後
BECKMANN(ベックマン) URBAN Midi 19,800円 800g前後
ことゆく社 ことゆくラック 42,900~45,650円 700~940g前後
ミズノ エレメンタリーバッグ 26,400~34,100円 700~1,180g前後
ERGORANSEL エルゴランセル 55,000円 1,040g前後

 

 

まとめ

 

最近、ランドセル型のリュックサックがイオンやニトリなどのいろいろなブランドで販売されています。

 

ランドセルリュックと呼ばれ、環境に配慮したリサイクル素材使用の軽量なランドセルリュックも増えています。

 

機能性にも優れ、快適に背負えるように工夫された肩ベルトや通気性を考えられたメッシュ生地の背当てなど、いろいろな工夫がされています。

 

カラーバリエーションが豊富なブランドやオシャレなデザインのランドセルリュックもあるので、気になる人はチェックしてみてください。