ランドセルをオーダーメイド!人気メーカーのシュミレーション一覧

オーダーメイドランドセルの人気シュミレーションと作る際の注意点などをまとめています。安い値段や軽いといった感じで項目別に人気ブランドを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

オーダーメイドランドセルは、自分だけのオリジナルランドセルを作ることができるサービスです。

 

既存のデザインでは満足できない!もっとこだわりたい!という子にピッタリのサービスで、カラーや装飾をはじめ、素材やデザインなど、自分の好きなパーツを組み合わせて個性豊かなランドセルを作り出すことができます。

 

ここでは、オーダーメイドランドセルの人気ブランドや、オーダーメイドランドセルの注意点などをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

オーダーメイドがおすすめの人気ブランド

 

まずはオーダーメイドのおすすめ人気ブランドを3つ紹介していきます。それぞれ特徴が違うので、しっかりと内容を確認しておきましょう。

 

羽倉

羽倉オーダーメイドランドセル

 

オーダーランドセル

 

税込価格 64,900円~
組み合わせ 5箇所選択で240,000通り
本体素材 牛革
重さ 1,310g前後
本体カラー数 24色
受付期間 不明
メリット オリジナルカラーが豊富
デメリット 選択箇所が5箇所と少ない

 

特徴

 

羽倉のオーダーランドセルは、メインカラー24色、サイドカラー25色と、とにかくカラーバリエーションが豊富です。

 

メインカラーはかぶせと肩ベルト、前胴に、サイドカラーは大マチ、前締めベルトに使用され、組み合わせ次第で色々なランドセルを作り出すことができます。

 

選択箇所は5箇所とやや少なめではありますが、カラーが豊富なので組み合わせパターンは240,000通りもあります。

 

自分だけのオリジナルカラーで、個性を発揮したい子にピッタリのオーダーメイドです。

 

 

フィットちゃん

フィットちゃんオーダーメイドランドセル

 

オーダーメイドランドセル

 

税込価格 68,200円
組み合わせ 9箇所選択
本体素材 クラリーノタフロックNEO
重さ 1,190g
本体カラー数 13色
受付期間 先着1,000本に達し次第終了
メリット 安ピカッ機能が無料で付けられる
デメリット 数量限定ですぐに完売してしまう

 

特徴

 

フィットちゃんのオーダーメイドランドセルは、本体のカラーやヘリカラーだけでなく、刺繍や鋲など、細かいデザインまで自分好みにカスタマイズできます。

 

さらに、フィットちゃんのオリジナル機能である「安ピカッ」の機能も無料でプラスすることができるというメリットがあります。

 

ただし、毎年1,000本限定となっていて、早い段階で完売となってしまいます。購入を考えているのなら、できるだけ早めにチェックすることをおすすめします。

 

 

ふわりぃ

ふわりぃオーダーメイドランドセル

 

フルオーダー

 

税込価格 75,900円
組み合わせ 14箇所で100万通り以上
本体素材 クラリーノエフ、クラリーノレミニカ、クラリーノタフロックNEO
重さ 1,270g前後
本体カラー数 エフ15色、レミニカ8色、タフロックNEO7色
受付期間 最終締切は1月16日
メリット 細かいパーツまで選べて自分だけのオリジナルデザインが作れる
デメリット 素材は人工皮革のみ

 

イージーオーダー

 

税込価格 57,200円~
組み合わせ 10箇所
本体素材 クラリーノエフ、クラリーノレミニカ、クラリーノタフロックNEO
重さ 980g~
本体カラー数 エフ15色、レミニカ8色、タフロックNEO7色
受付期間 最終締切は1月16日
メリット フルオーダーが面倒という人向けの簡単オーダーメイド
デメリット 素材は人工皮革のみ

 

特徴

 

ふわりぃは、フルオーダーとイージーオーダーの2種類のオーダーメイドランドセルが用意されています。

 

フルオーダーは、カラーだけでなく、かぶせデザインや大マチデザインなどの細かい部分まで自分好みに変えられるのが大きな特徴です。

 

組み合わせは100万通り以上。他のかぶる心配がなく、完全に自分だけのオリジナルランドセルを作り上げることができます。

 

イージーオーダーは、かぶせのデザインや大マチのデザインを省いた簡単なオーダーメイドランドセル。フルオーダーはちょっと面倒だな…。そこまで細かくこだわりたくはない…。という子にピッタリです。

 

ただし、どちらも素材は人工皮革のみ。素材にこだわりたいという人には不向きです。

 

 

 

 

軽いオーダーメイドランドセルが作れるブランド

 

続いて軽いオーダーメイドランドセルが作れるブランドを3つ紹介します。軽さにこだわりたいという人は是非チェックしてみてください。

 

ふわりぃ

ふわりぃオーダーメイドランドセル

 

フルオーダー

 

税込価格 75,900円
組み合わせ 14箇所で100万通り以上
本体素材 クラリーノエフ、クラリーノレミニカ、クラリーノタフロックNEO
重さ 1,270g前後
本体カラー数 エフ15色、レミニカ8色、タフロックNEO7色
受付期間 最終締切は1月16日
メリット 細かいパーツまで選べて自分だけのオリジナルデザインが作れる
デメリット 素材は人工皮革のみ

 

イージーオーダー

 

税込価格 57,200円~
組み合わせ 10箇所
本体素材 クラリーノエフ、クラリーノレミニカ、クラリーノタフロックNEO
重さ 980g~
本体カラー数 エフ15色、レミニカ8色、タフロックNEO7色
受付期間 最終締切は1月16日
メリット フルオーダーが面倒という人向けの簡単オーダーメイド
デメリット 素材は人工皮革のみ

 

特徴

 

ふわりぃのオーダーメイドは、フルオーダー、イージーオーダーともに人工皮革モデルとなっています。

 

重量は980g~と軽めの仕様になっているので、軽いオーダーメイドランドセルを求める人にピッタリです。

 

 

 

池田屋

池田屋オーダーメイドランドセル

 

オーダーメイドランドセル

 

税込価格 63,000~78,000円
組み合わせ 2箇所
本体素材 牛革、クラリーノ、ベルバイオ
重さ 1,100~1,300g
本体カラー数 10~17色
受付期間 上限に達し次第終了
メリット 3種類の素材から選べる
デメリット 選べるパーツは少ない

 

特徴

 

池田屋のオーダーメイドは、以下の4種類があります。

 

  • 防水クラリーノカラーコンビ
  • 防水ベルバイオスムースカラーステッチ
  • 防水牛革プレミアムカラーステッチ
  • 防水牛革プレミアムカラーコンビ

 

3つの素材から選ぶことができるので、自分の好みに合わせてオーダーメイドを楽しむことができます。

 

軽さを求めるのであれば、クラリーノかベルバイオがおすすめ。わずか1,100gという超軽量モデルとなっています。

 

ただし選べるパーツは、本体カラーとコンビカラー、またはステッチカラーの2箇所のみなので、細かい部分までカスタムしたいという人には不向きです。

 

 

イオン

イオンオーダーメイドランドセル

 

MYカラー

 

税込価格 39,600円
組み合わせ 7か所で最大269万通り
本体素材 クラリーノエフ
重さ 980g
本体カラー数 24色
受付期間 上限に達し次第終了
メリット 最大269万通りの組み合わせ
デメリット 素材はクラリーノエフのみ

 

みらいポケット

 

税込価格 73,700円
組み合わせ 7箇所
本体素材 クラリーノタフロックNEO、レミニカ
重さ 1,250g~1,270g
本体カラー数 10~11色
受付期間 上限に達し次第終了
メリット 小マチが最大8㎝まで伸縮可能
デメリット MYカラーより選択肢が少ない

 

特徴

 

イオンのオーダーメイドは、リーズナブルなはなまるランドセル24か、機能性に優れたみらいポケットの2種類から選択できます。

 

どちらも人工皮革モデルとなっているので、軽さを求める人にはピッタリ。選択肢も豊富で最大269万通りの組み合わせが用意されています。

 

ただし、人工皮革モデルの取り扱いしかないので、素材にこだわりたいという人には不向きです。

 

 

 

安い値段でオーダーメイドが作れるブランド

 

次に、できるだけ安くオーダーメイドランドセルを購入したい!という場合におすすめのブランドを紹介していきます。

 

セイバンやララちゃんは早期割引を利用すれば、かなりお得に購入することができるので、早めにチェックすることをおすすめします。

 

イオン

イオンオーダーメイドランドセル

 

MYカラー

 

税込価格 39,600円
組み合わせ 7か所で最大269万通り
本体素材 クラリーノエフ
重さ 980g
本体カラー数 24色
受付期間 上限に達し次第終了
メリット 最大269万通りの組み合わせ
デメリット 素材はクラリーノエフのみ

 

特徴

 

イオンのMYカラーは、39,600円という低価格で作れるオーダーメイドランドセルです。

 

組み合わせは最大で269万通りというバリエーション豊かなオーダーメイドランドセルが3万円台で購入することができます。

 

素材はクラリーノエフしかありませんが、安くオーダーメイドランドセルを手に入れたい人にはピッタリです。

 

 

ガルソン

ガルソンオーダーメイドランドセル

 

オーダーメイドランドセル

 

税込価格 44,500~55,000円
組み合わせ 4箇所
本体素材 人工皮革、牛革
重さ 1,350g~1,450g
本体カラー数 人工皮革9色、牛革13色
受付期間 4月~9月
メリット 2種類の素材から選ぶことができる
デメリット 選べるパーツは少なめ

 

特徴

 

ガルソンは、オーダーメイドランドセル専門ブランドです。

 

2種類の素材のオーダーメイドランドセルを作ることができ、人工皮革モデルは4万円台で購入することができます。

 

牛革モデルでも5万円台と、かなりリーズナブルな価格設定となっているので、安くオーダーメイドを手に入れたいという人にピッタリです。

 

ただし、選択できるパーツはあまり多くないので、細かい部分までこだわりたいという人には不向きです。

 

 

早割でお得に作れる(セイバン、ララちゃん)

 

早期割引を使うことでお得に購入できるブランドもあります。

 

セイバン

 

税込価格 62,700円
組み合わせ 2箇所で最大42通り
本体素材 クラリーノエフ 「レインガード?Fα」
重さ 1,280g
本体カラー数 6色
受付期間 9月頃まで
メリット 早期割引で10%OFF
デメリット 選べるパーツと組み合わせが少ない

 

セイバンの「モデルロイヤル クラシック MyStyle カブセ裏オーダー」は、本体色とかぶせ裏のカラーを自由に組み合わせられるランドセルです。

 

セイバンでは毎年月頃までは早期割引を行っていて、10%OFFで購入することができます。

 

オーダーメイドランドセルも5万円台で購入することができるので、安く購入したい人に最適です。

 

ただし、選べるパーツは本体色とかぶせ裏のみなので、細かいパーツまでこだわりたい人にはおすすめできません。

 

 

 

ララちゃん

 

税込価格 79,200円~84,700円
組み合わせ 11箇所で最大100億通り
本体素材 不明
重さ 1,330g前後
本体カラー数 16色
受付期間 11月末まで
メリット 選べるパーツが多く組み合わせが無限大
デメリット 注文時期で価格が変わる

 

ララちゃんのオーダーメイドランドセルは、なんと100億通りの中から自分だけのオリジナルランドセルを作り出すことができます。

 

選択肢の幅が広く、細かい部分までこだわったランドセルを作ることができるので、こだわりの強い子にピッタリです。

 

購入時期によって割引があり、10月2日まで早割、10月3日以降は通常価格となっています。

 

できるだけ安く購入したいのであれば、早割の期間に申し込むのがおすすめです。

 

 

牛革、コードバンでオーダーメイドできるブランド

 

オーダーメイドランドセルは、人工皮革モデルが多くなっていますが、中には牛革やコードバンモデルのオーダーメイドランドセルを展開しているブランドもあります。

 

デザインやカラーだけでなく、素材にもこだわりたいという人におすすめのブランドです。

 

萬勇鞄

萬勇鞄オーダーメイドランドセル

 

オーダーメイドランドセル

 

税込価格 66,000~82,500円
組み合わせ 12箇所で最大36億通り以上
本体素材 人工皮革、牛革
重さ 1,250~1,400g
本体カラー数 37色
受付期間 1月中旬~上限に達し次第終了
メリット 素材が人工皮革か牛革か選べる
デメリット 選択肢が多すぎて迷う

 

特徴

 

萬勇鞄のオーダーメイドランドセルは、人工皮革と牛革の2つの素材から選ぶことができます。

 

さらに選択肢が非常に豊富で、最大36億通り越え。牛革モデルでも細かい部分にこだわったランドセルを作り出すことができます。

 

本体カラーは最大37色から選べ、テープカラーは28色も用意されています。

 

選択肢が多いのはとても嬉しいことですが、多すぎて迷ってしまうというデメリットもあります。

 

もしも迷ってしまったら、公式サイトにて作品例も紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

三越伊勢丹

三越伊勢丹オーダーメイドランドセル

 

パターンメイドランドセル

 

税込価格 71,500~82,500円
組み合わせ 7箇所で最大900万通り
本体素材 クラリーノエフ、牛革
重さ 1,260g~1,460g
本体カラー数 全14色
受付期間 3月下旬~8月末
メリット 人工皮革と牛革の2つの素材から選べる
デメリット 牛革の本体カラーは4色のみ

 

特徴

 

三越伊勢丹では、本体、フチ、背あて、内装など7箇所のパーツを自由に選べるパターンメイドランドセルを展開しています。

 

素材は人工皮革と牛革の2種類から選ぶことができるので、素材にこだわりたい人にもおすすめです。

 

ただし、牛革の場合は本体カラーが4色のみしかないので、カラーにこだわりたいという人には不向きです。

 

 

生田ランドセル

生田ランドセルオーダーメイドランドセル

 

セレクトオーダーランドセル

 

税込価格 59,800~93,500円
組み合わせ 11箇所
本体素材 牛革、コードバン
重さ 1,400g~1,480g
本体カラー数 8色
受付期間 不明
メリット コードバンのオーダーメイドランドセルが作れる
デメリット 本体カラーはやや少なめ

 

特徴

 

生田ランドセルのオーダーメイドランドセルは、次の5つのモデルから選ぶことができます。

 

  • プレミアム匠 コバ塗り/コードバン
  • プレミアム匠/コードバン
  • コバ/牛革
  • ハナ/牛革
  • アース/牛革

 

この5つのランドセルをベースに、本体カラーやフチ、ステッチのカラーなどを自由に選ぶことができます。

 

コードバンのオーダーメイドランドセルを展開しているブランドは非常に少ないので、コードバンにこだわりたいという人にはおすすめです。

 

ただし本体カラーはやや少なめ。珍しいカラーを求める人には不向きです。

 

 

オーダーメイドランドセルを作る際に知っておきたいこと

 

最後にオーダーメイドランドセルを作る際に注意すべき点をまとめてみました。

 

ランドセルのオーダーメイドはいくらなの?

 

オーダーメイドランドセルは、普通のランドセルと同様に素材によって価格が大きく変動します。

 

およその価格の目安は以下の通りです。

 

  • 人工皮革:4~6万円
  • 牛革:6~8万円
  • コードバン:8万円以上

 

できるだけ安く購入したい!という場合は、イオンの「MYカラー」が3万円台で購入できるのでおすすめです。

 

オーダーメイドの申し込みはいつまで?

 

オーダーメイドの申し込み期間は、ブランドによって違ってきますが、ほとんどのブランドで10月頃には締め切りとなってしまいます。

 

オーダーメイドは、一つ一つ注文を受けてから作成するので、作成に時間がかかります。そのため、早く締め切ってしまうブランドが多いのです。

 

ブランドによっては8月頃に受付終了となってしまう場合もあるので、オーダーメイドを狙っているのならできるだけ早めに動き出すようにしましょう。

 

障碍者用のオーダーメイドランドセルに対応しているブランドは

 

ふわりぃは、障碍者用のオーダーメイドランドセルに対応しています。

 

税込価格 47,300~45,100円
組み合わせ 16箇所
本体素材 人工皮革
重さ 800g~870g
本体カラー数 17色
受付期間 最終締め切り1月16日
メリット 障がいがあっても使いやすい
デメリット 有料オプションが多い

 

ふわりぃでは3つのタイプのランドセルが用意されています。

 

  • 全かぶせタイプ
  • 半かぶせタイプ
  • 横型タイプ

 

障がいを持っている子でも楽に背負えて楽に開け閉めできるような工夫が施されていて、2004年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

 

どのタイプもA4フラットファイル対応で、大きなプリントもラクラク収納。使いやすさがアップする有料オプションも色々用意されているので安心です。

 

通常のオーダーメイドと同じように、好きなカラーを自由に組み合わせられるだけでなく、機能面でもしっかりとサポートしてくれます。

 

 

 

まとめ

 

オーダーメイドランドセルは、色々なブランドで色々なタイプのモデルが発売されています。

 

それぞれブランドごとに選べるパーツや特徴が違うので、きちんと確認したうえで自分だけのオリジナルランドセルを作っていきましょう。

 

また、オーダーメイドランドセルは作成に時間がかかるため、早い時期に締め切りとなってしまうぶらんどがほとんどです。

 

オーダーメイドランドセルを作りたいのなら、できるだけ早めにチェックして申し込むことをおすすめします。