食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

ティーとアペロお茶の時間とお酒の時間 140のレシピ

拡大表示

料理家・長尾智子さんが一番好きな時間、それがティーとアぺロ
発行年月
2018年12月3日
判型
B5変型
頁数
144頁
著者
長尾 智子 著
定価
1,980円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06298-0


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


ティーとはティータイムのこと。アペロとはアペリティフ(食前酒)から変化したことばで、気の合う仲間と軽く飲み食べする時間のこと。
どちらも「食事」のように必須のものではありませんが、私たちにとってじつはいちばん貴重なリラックスタイム。おいしいおやつと気の利いた酒の肴があれば、さらに豊かで愛おしいひとときになる。気負わずに、日常のリズムで「ほっとひと息」を楽しむための、お茶の友&お酒の供のレシピ集です。

レシピの難易度:★

ティー お茶の時間
お茶請けの甘味から、冷たいおやつ、スコーンや素朴な丸いケーキのバリエーション、蒸し菓子まで。市販のあんこやチョコレートに少し手を加えるだけ、なものも。肩の力を抜いてお菓子作りに慣れ、楽しむための47品。

アペロ お酒の時間
和風、洋風なんて仕切りはなし。その場でさっと作るものあり、作り置きのありがたみを味わうもの、小さめの鍋料理や肉料理、〆のごはんやパスタもあり。イメージは「おいしくて、心地のよい居酒屋」。

ティーとアペロ(見本)

ティーとアペロ(見本)

◎長尾智子(ながお・ともこ)
フードコーディネーター。本や雑誌にレシピやエッセイを執筆するかたわら、カフェやレストランのメニュープランニング、食品や器の商品開発も手がける。生来の下ごしらえ好き。切ってきざんで、塩もみ、酢もみ、とんとん、ざくざく、ぎゅっぎゅっ……と、ひたすら手を動かし続ける日々。

[目次PDFを見る]

関連商品

長尾智子の毎日を変える料理
定価1,980円(税込)
紅茶 味わいの「こつ」
定価1,980円(税込)
シェフが好きな野菜の食べ方
定価2,090円(税込)
バーの主人がこっそり教える おつまみサンド
定価1,760円(税込)
レモンサワーと酒場のつまみ
定価1,650円(税込)
タルトとキッシュ
定価2,750円(税込)
ケーク シュクレ&ケーク サレ
定価2,640円(税込)
バーの主人がこっそり教える 味なつまみ
定価1,870円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ