食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

フードサービス業 チェーン化入門

拡大表示

チェーン理論の第一人者が解き明かす、
外食産業の21世紀戦略!
発行年月
2009年12月20日
判型
四六
頁数
294頁
著者
渥美 俊一 著
定価
1,944円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-15320-6


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif

チェーンストア経営研究会『ペガサスクラブ』を主宰する著者は、チェーンストア理論の第一人者。40年余にわたり、小売業、フードサービス業の経営原則について語り続けてきました。
そしていま、新世紀にふさわしい『本物のチェーンづくり』が必要と説きます。これからのフードサービス業に求められるのは、生産工学に基づいた科学的な分析と視点。
マニュアルを“可視化”させる、つまり、適正・適切な数字、数値に置き換えることにより、フードサービス業の『あるべき形』が見えてくると語っています。市場形成40年を経ていま、フードサービス業は本格的な産業化への入口に差しかかっています。

※本書は、『月刊食堂』連載の「本物のチェーンをつくろう」、既刊本『外食業 王道の経営』(上・下巻)をもとに大幅に加筆、再構成したものです。

本書は、本物のチェーンづくりをめざそうという人たちを対象にした、人づくり、組織運営に必須の経営ノウハウを理論体系として解説したもの。
著者は、「フードサービス業大手は、大きな社会的貢献をしている」存在と位置づけ、個店・生業店との線引きを明確にしています。これから先、あるべきチェーン業態とはどういうものか、ディテールに踏み込んで述べます。

フードサービス業 チェーン化入門(見本)

フードサービス業 チェーン化入門(見本)

『戦略』『経営戦略』『戦術』は、その目的も定義も重点とすべき力点も、それぞれ異なります。当然、その使い方も実行者も異なるのです。
こうした内容はもちろん、本文に述べられていますが、図版化することにより一目瞭然となります。
本書では、多くの図版を用い、フードサービス業が陥りやすい落とし穴や失敗の要因を図解します。文章で読み解くと同時に、図式化し、フォーマットを一覧にすることで簡潔、直截に理解できるものもあります。
たとえば、『多店化成長段階ごとの手術の定石』という図表は、時系列・縦軸に「初歩的管理の時代」「システム準備時代」「本格的チェーン時代」と追い、横軸に課題と強化すべき職能、手術法(状況と適期)を並べ、視覚に訴えています。

フードサービス業 チェーン化入門(見本)

フードサービス業 チェーン化入門(見本)

[担当編集者より]
リーマンショック、世界同時不況、新政権誕生、ドバイショック……、内外問わず、目まぐるしく動く昨今。フードビジネス業界も景況の波に翻弄され、かつてのような順風満帆、右肩上がりの業績は、一部のチェーン企業を除いて少なくなっています。こうした激動の時代だからこそチャンス!
半世紀近く小売業、フードビジネス業界を牽引してきた著者ならではの視点で、この先のチェーンのあり方を明示します。また、153項目からなる用語解説を脚注とし、索引を巻末に設け使い勝手を良くしました。

◎渥美俊一(あつみ・しゅんいち)
大正15(1926)年生まれ。
東京大学法学部卒業後、読売新聞社入社。「商店のページ」担当主任として商業経営の革新運動を開始。昭和37年(1962)年、チェーンストア経営研究団体「ペガサスクラブ」を結成。昭和44年、読売新聞社を退社し、日本リテイリングセンターを設立、本格的なチェーンストア経営のコンサルティング活動に入る。
現在、加盟社数は約600社。この活動を通じて、年商1億から30億円の小売、外食の当時の中小企業約700社をビックストアと呼べる規模に育てあげた。『月刊食堂』(柴田書店月刊誌)では、創刊以来の常連筆者。

[目次PDFを見る]

関連商品

本音の飲食店
定価1,620円(税込)
パート・アルバイト100%戦力化講座
定価1,512円(税込)
サイゼリヤ革命
定価1,026円(税込)
そのお店、いまなら再生できます
定価1,620円(税込)
飲食店の店舗設計
定価3,024円(税込)
飲食店の開業の仕方教えます
定価1,620円(税込)
坪月商50万円超の怪物店
定価1,944円(税込)
フードサービス用語辞典
定価1,944円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ