食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

カジュアルに、でも上質にイタリア料理店10店のつまみと前菜146

拡大表示

カジュアルに、上質に。
バールからトラットリア、リストランテまで役立つ前菜集。
発行年月
2019年3月4日
判型
B5変
頁数
208頁
著者
柴田書店 編
定価
3,024円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06303-1


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


「日本の今のイタリア料理」を提供する大人気のイタリア料理10店に、
お酒がすすむ自慢のおつまみと前菜を紹介してもらいました。

すぐに出せる小さなおつまみから、定番のフリッタータやクロスティーニ、
食欲をそそる揚げもの、仕込んでおけるスープや煮込み、
野菜、魚、モツや肉など素材を生かした前菜など、その数およそ150品。
イタリアならではの伝統料理・地方料理はもちろん、
日本ならではの素材で季節感を表現する現代的な前菜も多く収録しています。


レシピの難易度:★★

「お酒がすすむ」と聞くと「塩が強い味」と思いがちではありませんか?
でも飲ませ上手なシェフほど、塩のみに頼らず、
酸味や旨みのバランスをコントロールすることで
「食べれば飲みたくなる、飲めば食べたくなる」という好循環を
作り出していることに気づかされます。
そんな味作りのコツや、コースの組み立て方についてもインタビューしており、
バールなど気楽な居酒屋タイプのお店から、トラットリア、カジュアルなレストランまで、
幅広いお店で必ず参考になるアイデアが満載です。

イタリア料理店10店のつまみと前菜146(見本)

イタリア料理店10店のつまみと前菜146(見本)

また本書では、全国の「自家製」系料理人がこぞって通う
山形の加工肉イタリアン「イル・コテキーノ」佐竹大志シェフに、
モルタデッラやラルド、フィオッコ、サラーミなど
17種のレシピも初公開してもらいました。
まずは取り組みやすい加熱ハムから、加工肉作りをはじめてみてはいかがでしょうか?

イタリア料理店10店のつまみと前菜146(見本)

イタリア料理店10店のつまみと前菜146(見本)

[目次PDFを見る]

関連商品

villa aida 自然から発想する料理
定価3,456円(税込)
別冊専門料理 イタリア新時代 これからのイタリア料理。
定価2,700円(税込)
ピッツァ
定価2,052円(税込)
ナポリ野菜料理
定価2,700円(税込)
イタリア料理の基本講座
定価2,700円(税込)
ピンチョス360°
定価2,700円(税込)
タパス360°
定価2,700円(税込)
トーキョーバル
定価2,700円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ