食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

使える豚肉レシピ薄切り肉も、厚切り肉も、塊肉、挽き肉もおまかせ。和・洋・中100品

拡大表示

豚肉料理のレパートリーが一気に増える!
発行年月
2012年12月3日
判型
A5
頁数
136頁
著者
笠原 将弘音羽 和紀小林 武志 共著
定価
1,404円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06159-4


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


豚肉は、鶏肉とともに使いやすい肉です。スーパーマーケットや精肉店でも、部位別に、そして薄切り、しゃぶしゃぶ用、ソテー・とんかつ用、塊と、作る料理に合わせた形状で売られています。できればこの形状を上手に活かして、料理の幅を広げたいと思うのですが、作るのはなぜかいつも同じ料理になりがちでは?
そこで、豚肉料理のレパートリーを広げていただこうと、作ったのが本書。和・洋・中、3人の料理人の方に、ご家庭でも作りやすい料理を作っていただきました。

レシピの難易度:★

大きくは、薄切り肉、厚切り・塊肉、挽き肉、レバー・心臓・豚足と、4つのブロックに分かれています。
薄切り肉の中で、ロース・肩ロース肉、モモ肉、バラ肉、しゃぶしゃぶ用と分かれ、厚切り・塊肉の中もロース・肩ロース・肩肉、ヒレ肉、モモ肉、バラ肉・スペアリブと分かれていて、とても使いやすい構成です。
今日スーパーで買った肉を使って何が作れるのか、すぐに探すことができます。忙しい毎日の食事には、薄切り肉を使ってさっとできる炒め物を。そして、お客様が来る日は塊肉を使った煮込み料理をなど、目的に合わせてお使いください。

使える豚肉レシピ(見本)

使える豚肉レシピ(見本)

同時発売の「使える鶏肉レシピ」と同様、A5判のハンディサイズ。
薄いピンクの地に、グレーの文字タイトルと豚のイラストのシンプルな表紙カバー。長くお使いいただいても、飽きないデザインです。

使える豚肉レシピ(見本)

使える豚肉レシピ(見本)

[担当編集者より]
この本の著者も、「使える鶏肉レシピ」同様、和・洋・中3人の料理人。料理のアイデアやおいしく作るコツが、さすがプロと思わせます。
毎日の食事作りや酒肴作りにお役立ていただけるのはもちろん、おもてなし料理にもお使えいただける料理がたくさんあります。
特に塊肉の料理がおすすめです。もちろんこちらも、カフェや居酒屋などの飲食店のメニュー作りもお役立ていただける内容です。カフェランチの主役に、お酒のおつまみにと、こちらも自由にお使いください。

*編集部だよりは、こちら

◎笠原将弘(かさはら・まさひろ)
1972年東京生まれ。高校を卒業後、(正月屋吉兆』(新宿)で9年間修業。その後、実家の焼鳥の名声店『とり将』(武蔵小山)を継ぎ、4年半営業する。父親の代からの30周年を機に一旦、『とり将』を閉店、2004年9月に現在の店舗『賛否両論』を開店する。リーズナブルな価格で味に定評のある和食を深夜まで提供。特に、デザートの食べ放題は、女性客の支持を得ている。ちなみに、店での“マスター”という呼称は、父親の愛称を受け継いだもの。
著書は「笠原将弘の毎日食べたい和食のおかず」(扶桑社刊)、「笠原将弘の白いごはんに合うおかず」(主婦の友社刊)など多数。

◎音羽和紀(おとわ・かずのり)
1947年栃木県宇都宮市生まれ。大学卒業後、渡欧。日本人として初めてアラン・シャペルに師事したフランス料理をはじめ、ドイツ料理やスイス料理など幅広く料理を学ぶ。1981年、宇都宮市に『オーベルジュ』を開店。現在はフランス料理店の他、レストラン・バー、デリカショップ(惣菜菜、パン)などを経営。2007年7月には自らの集大成の店『Otowa Restaurant』を開店。また、食育にも古くから取り組み、地元を中心に精力的に活動。2010年、NHK「第15回関東甲信越地域放送文化賞」を授与、同年11月には「料理マスターズ」として農林水産省より顕彰される。
著書に「なんでもオードヴル」「野菜でオードヴル」「サラダ好きのシェフが考えたサラダ好きのための131のサラダ」(すべて柴田書店刊)などがある。

◎小林武志(こばやし・たけし)
『御田町 桃の木』オーナーシェフ。1967年愛知県生まれ。辻調理師専門学校を卒業後、同校で講師を8年間務める。吉祥寺『知味 竹櫨山房』、新橋『シナヤム』、際コーポレーションなどを経て、2005年独立開業。北京、広東、上海、四川などさまざまな地方の中国料理に詳しく、高い調理技術には定評がある。ミシュランガイド東京には2008年以降連続で星を獲得している。
著書に「桃の木のやさしい野菜中華」(講談社刊)、「進化する中国料理の前菜」(旭屋出版刊)がある。

[目次PDFを見る]

関連商品

使えるきのこレシピ
定価1,404円(税込)
使えるたまごレシピ
定価1,404円(税込)
使える豆腐レシピ
定価1,404円(税込)
使えるじゃがいもレシピ
定価1,404円(税込)
使える牛肉レシピ
定価1,404円(税込)
使える魚介レシピ
定価1,404円(税込)
使える鶏肉レシピ
定価1,404円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ