食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

鮨職人の魚仕事鮨ダネの仕込みから、つまみのアイデアまで

拡大表示

気鋭の若手から老舗まで、35人の鮨職人が魚を生かしきるための技を惜しみなく公開
発行年月
2018年9月14日
判型
B5変
頁数
288頁
著者
柴田書店 編
定価
4,290円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06294-2


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


鮨店の技術の真髄は、仕込みの技術にあるといっても過言ではありません。
魚の目利きにはじまり、切り方、熟成のさせ方、酢締めや昆布締めの手法、煮炊きの仕方……
そこには、長年魚介を専門に扱い続けてきた鮨職人だからこその、伝統と革新の技が詰め込まれています。

本書では代表的な鮨タネについて、35店・74通りの仕込み方をプロセス写真とともに紹介。
また、各店の個性が光る「鮨店ならではのつまみ」161品も、レシピとともに掲載します。
魚を扱うすべての料理人必携の一冊。

※『月刊専門料理』2013年1月号〜2016年1月号まで連載した「鮨職人の握りと酒肴」を新たに構成、編集したものです。

レシピの難易度:★★★

第一章は、主要な鮨ダネを、「漬け」「酢締め」「昆布締め」など仕立てごとに分けてプロセス写真付きで紹介。第二章は、簡単なつまみからカラスミや塩辛などの仕込みものまで、各店の自慢のつまみを集めています。

鮨職人の魚仕事(見本)

鮨職人の魚仕事(見本)

上は73歳から下は35歳まで、総勢35人が登場。仕事のタイプもさまざまで、古式を守る江戸前の技、独自の工夫が光る新しい仕立て、関西や北陸など地の魚の生かし方などをまんべんなく紹介しています。

[目次PDFを見る]

関連商品

鮨のすべて
定価5,060円(税込)
魚のおろし方
定価3,080円(税込)
魚づくし
定価3,960円(税込)
八十八種 魚を使いつくす
定価3,960円(税込)
包丁入門
定価1,430円(税込)
板前割烹の先付と酒肴
定価3,080円(税込)
日本料理 前菜と組肴(くみざかな)
定価3,960円(税込)
月刊専門料理
定価1,650円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ