食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

オーボンヴュータン 河田勝彦の思い出菓子18の物語と、19 のルセット

拡大表示

フランス菓子界の重鎮が語る、18のお菓子のストーリー
発行年月
2021年12月2日
判型
B5変
頁数
172頁
著者
河田 勝彦 著
定価
2,750円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06344-4


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif

今年、開業40年を迎えた東京・尾山台のフランス菓子店「オーボンヴュータン」。
同店のオーナーシェフであり、日本のフランス菓子界の重鎮でもある河田勝彦氏が、50年前のフランス修業時代から現在にいたるまで、日・仏の菓子業界の劇的な変化を体感してきた自身の“オーボンヴュータン(=思い出の時)”の菓子を語ります。

物語に登場するのは、アリ・ババ、パリ・ブレスト、サントノーレ、カヌレなど、とくに思い出深い菓子。ルセットも写真を添えて紹介します。  


【構成】
アリ・ババ/パリ・ブレスト/ポロネーズ/カヌレ/サントノーレ/コンフィズリー/シャルロット・ド・ポム/ピュイ・ダムール/ピチヴィエ/ボンボン・ショコラ/モンブラン/ブラ・ド・ヴェニュ/ファー・ブルトン/ガトー・ピレネー/ビスキュイ・オ・フリュイ/ブッシュ・ド・ノエル/プティ・フール/ヴァシュラン

コラム:菓子職人の道へ。 そして渡仏/異国での修業の日々/フランス一周旅行 帰国。 かわた菓子研究所の設立/オーボンヴュータンの開業

レシピの難易度:★★★

オーボンヴュータン 河田勝彦の思い出菓子(見本)

オーボンヴュータン 河田勝彦の思い出菓子(見本)

オーボンヴュータン 河田勝彦の思い出菓子(見本)

オーボンヴュータン 河田勝彦の思い出菓子(見本)

◎河田勝彦(かわた・かつひこ)
1944 年生まれ。67 年から約10 年間フランスで修業し、最後はパリの「ヒルトン・ド・パリ」でシェフパティシエを務めた。帰国後は埼玉・浦和でチョコレート菓子や焼き菓子などの卸業をスタート。81 年に世田谷・尾山台で「オーボンヴュータン」を開業。著書に『河田勝彦の菓子 ベーシックはおいしい』『河田勝彦 菓子のメモワール プティ・フールとコンフィズリー』(以上柴田書店)、『「オーボンヴュータン」河田勝彦のフランス郷土菓子』(誠文堂新光社)などがある。

[目次PDFを見る]

関連商品

プティ・フールとコンフィズリー
定価6,820円(税込)
ベーシックは美味しい
定価6,820円(税込)
Pâtissier パティシエ Vol.2
定価2,860円(税込)
プティフール
定価2,750円(税込)
トーキョー・パティスリー・ガイド
定価1,760円(税込)
私のフランス地方菓子
定価2,090円(税込)
わかりやすいフランス菓子
定価7,150円(税込)
使える製菓のフランス語辞典
定価3,080円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ