食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

そばうどん知恵袋111題

拡大表示

名著『そば・うどん百味百題』を全面改訂!
発行年月
2018年7月28日
判型
四六
頁数
248頁
著者
そばうどん編集部 編
定価
1,944円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-35354-5


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


1991年発行のロングセラー『そば・うどん百味百題』を全面書き直し、新たなお題をプラスしました。

「二八そばの由来」「そば店の看板に書かれている生そばの意味」「鍋焼きうどんはいつ頃登場したのか」など、歴史・文化から製法、品書きの由来まで広くて深い111のお題についてQ&A方式で簡潔にわかりやすく解説。

【目次より抜粋】
●「藪」、「砂場」、「更科」の屋号の由来は?
●「江戸はそば、大坂はうどん」はいつ頃からか?
● 江戸時代からある品書きとは?
● そうめんの起源は?
● うどん作りに塩を使う理由は?
● うどんを茹でるのに適した水の条件は?

ほか


そばうどん知恵袋111題(見本)

そばうどん知恵袋111題(見本)

[目次PDFを見る]

関連商品

そばうどん2018
定価2,700円(税込)
そばうどん2017
定価2,700円(税込)
そばうどん2016
定価2,700円(税込)
江戸流そば打ち・うどん打ち
定価1,944円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ