食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

イタリア料理基本用語伊和篇・和伊篇・テーマ別篇で使いやすい

拡大表示

イタリア料理に欠かせない用語を厳選!!
発行年月
2013年4月4日
判型
四六変
頁数
288頁
著者
辻調理師専門学校 監修、近藤 乃里子合田 達子正戸 あゆみ 共著
定価
2,160円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-35343-9


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


一般の伊和辞典には載っていない食材や道具、調理操作、料理名など、イタリア料理の現場で実用性の高い調理用語、料理関係用語だけに絞り込んだハンディタイプの用語集。
イタリア料理を学ぶためにぜひ知っておきたい用語、これだけ勉強しておけば初歩的なレシピは理解できる用語を集めた入門書です。
伊和篇(約1400語)に、さらに和伊篇(約1100語)、テーマ別篇(約900語)を加えた3部構成。
必要な時にひくだけでなく、和伊篇(ジャンル別)やテーマ別篇(テーマ&シチュエーション別)は、それぞれ興味のある項目を読み進むことで知識が広がり、イタリアの食文化をより身近に、より深く理解できる内容になっています。

◆伊和篇…すべての用語をアルファベット順に掲載。見出し語 → 発音(カタカナ)→ 品詞 → 訳語で簡潔に表記。
よく使われる用例やさらに詳しい解説も必要に応じて追加し、実践で役立つよう配慮しています。

◆和伊篇…日本語からもひけるように、厳選した用語をジャンル別に収載。

◆テーマ別篇…イタリアの食文化において特徴的なテーマやシチュエーションを取り上げ、頻出する関連用語をまとめて収載。

イタリア料理基本用語(見本)

イタリア料理基本用語(見本)

イタリア料理に特徴的で日本ではあまり知られていないもの、誤解しやすいもの、言葉だけの説明ではどういうものかがわかりにくいものなどについては、できるだけイラストを入れるようにすることで、理解しやすく、視覚的に単語と結びつけて憶えられます。
伊和篇については、通常の伊和辞典に比べて、見出し語を大きく見やすくしていますので、ひきたい語をすばやく見つけることができます。
また、1ページに平均9語というゆったりしたレイアウトで、“読む辞典”としても使い勝手のいいものとなっています。

イタリア料理基本用語(見本)

イタリア料理基本用語(見本)

[担当編集者より]
和伊篇については、魚介類、野菜類など、大きく14のジャンルに分け、さらに魚介類なら魚、甲殻類、加工品など、野菜類なら野菜、きのこ、豆類など、細かく57項目に分けてあります。
わからない単語をひくという使い方以外にも、今日はきのこ、明日は豆類といったように、項目ごとに制覇していくのも効率的な勉強方法だと思います。

15のテーマに分かれたテーマ別篇も同様です。
伊和篇、和伊篇、テーマ別篇をいったりきたりページを繰りながら、どんどん用語の理解が広く、深くなっていく、そんな使い方ができるのがこの本の特徴です。
また、ほぼすべてのイタリア語に、参考となる発音をカタカナ表記でつけてありますので、見出し語や解説を読みながら自然に正しい発音が身につきます。
これまで間違った発音で憶えていた用語についても、修正できるよい機会となります。

*編集部だよりは、こちら

◎近藤乃里子(こんどう・のりこ)
辻調グループ・辻静雄料理教育研究所主任研究員。大阪外国語大学イタリア語学科卒。共訳書に「ポケット・ワイン・ブック」

◎合田達子(ごうだ・さとこ)
辻調グループ・エコール 辻 東京教務課研究員。早稲田大学卒業後、エコール・キュリネール国立(現エコール 辻 東京)卒。ICIF(外国人のためのイタリア料理研修機関)マスターコース修了。

◎正戸あゆみ(しょうと・あゆみ)
辻調グループ・辻静雄料理教育研究所研究員。大阪外国語大学大学院言語社会研究科博士前期課程修了。共訳書に「ポケット・ワイン・ブック」

[目次PDFを見る]

関連商品

イタリア料理の基本講座
定価2,700円(税込)
パスタ事典
定価3,888円(税込)
スペシャル アンティパスト
定価3,780円(税込)
イタリア料理教本
定価7,128円(税込)
イタリアの地方料理
定価5,616円(税込)
西洋料理単語帳
定価1,404円(税込)
わかりやすいイタリア料理
定価7,020円(税込)
魚介のイタリア料理
定価3,132円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ