食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

M&Aで外食は年商30億円を突破できる

拡大表示

大志を抱く若き外食経営者にとっての必読書
発行年月
2018年9月14日
判型
A5
頁数
128頁
著者
照井 久雄 著
定価
1,512円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-15442-5


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


M&Aとは、会社の買収や事業譲渡、企業同士の合併のこと。経営が行き詰まった会社が他社に売却を余儀なくされるなど、これまではネガティブなイメージがあったM&Aですが、時代は完全に変わりました。いまM&Aは成長戦略のひとつとして、ごく普通に行なわれるようになっています。とくに外食業界は、アイデア次第で急成長が可能なビジネスモデルの強みもあって、M&A案件が急増しています。

本書は中小企業の経営支援を専門分野として、外食のM&A仲介を数多く手がけてきた著者が、実務の進め方をわかりやすく解説したもの。実例も豊富に取り上げ、外食業界のM&A動向が理解できる一冊となっています。

※『月刊食堂』2017年8月号より連載中の「事業継続と人材救済のための M&A照井ゼミ」に新規取材を加え、編集したものです。

本書は「知っておくべきM&Aの基礎知識」「実例で学ぶ、外食業界のM&A戦略」「台頭するファンドのM&A活用事例」の3つの章で構成。

第一章では、M&Aに必須の知識と実務のポイントを平易に解説します。そして、数多あるM&A関連書との最大の違いは、後の2章で実例を豊富に紹介していること。デリケートな問題も含まれるため、あまり公表されることのないM&Aの経緯や買収・譲渡のプロセスも、当事者のインタビューをまじえて詳細に掲載しています。
また、現在の外食業界でM&Aを有効に活用して急成長している企業の例として、クリエイト・レストランツ・ホールディングスとDDホールディングスの戦略を詳報。両社のトップにもご登場いただき、その肉声を伝えています。

[担当編集者より]
20年前、いや10年前と比べても、M&Aに対するイメージはまったくと言っていいほど変わりました。それはそのまま、経営者の意識の変化を表しています。いま外食の若手トップは、会社の枠組みにはこだわらず、成長のために望ましい相手と組む(=M&A)という考えを強く持っています。成長とはつまり、自らの「志」を実現すること。著者は「はじめに」の中で、「成功するM&Aとは『同志的結合』である」と書いていますが、これこそM&Aの本質と言えるでしょう。

◎照井久雄(てるい・ひさお)
インクグロウ株式会社 取締役
2002年(株)ベンチャー・リンクに新卒で入社。2006年にIPO専門の証券会社に転職し数社の上場主幹事業務を手がける。投資銀行業務として中小企業を中心としたM&A業務に従事した後、「中小企業の事業承継」に特化したコンサルティング活動に従事。2013年4月にインクグロウ?に入社し取締役事業戦略部長に就任。中小企業診断士。

[目次PDFを見る]

関連商品

フードサービス用語辞典
定価1,944円(税込)
食堂業の店長塾
定価1,512円(税込)
飲食店の開業の仕方教えます
定価1,620円(税込)
フードサービス業 チェーン化入門
定価2,160円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ