食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

アンドシノワーズ旧フランス領インドシナ料理

拡大表示

ラオス、カンボジア、ベトナム──米文化がはぐくんだインドシナの食文化と料理
発行年月
2020年7月17日
判型
B5変
頁数
128頁
著者
園 健田中 あずさ 共著
定価
2,420円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06328-4


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


旧フランス領インドシナ(ラオス・カンボジア・ベトナム)で受け継がれてきた古典料理を46品掲載。
1954年にインドシナ3国がフランスから独立して以降も、仏印的な食文化は各地で受け継がれてきたものの、21世紀以降は経済発展やIT化、それに伴う都市化の影響を受け、古典料理も姿を消しつつあります。

「インドシナ」という呼称も消えゆくなか、かつては確実に存在していた仏印の食文化をていねいに拾い上げ、その調理技術や食材・調味料使いなどのアイデアを伝えます。

――――


本書でご案内する「インドシナ三国」とは具体的にラオス・カンボジア・ベトナムを指します。その共通点は、インドシナ半島に位置し、少し昔にフランスの植民地政策下に置かれていた国々であったこと。
1887年にはじまり67年後に消えた彼らのコロニアルな生活様式と食文化は、宗主国であったフランスに加え華僑の影響を受け、さらに南国のゆたかな自然に恵まれ成熟しました。
一方、経済活動の急速な画一化により、それらはかつてはたしかにあったけれどいまは消えゆく幻のような存在になりつつあります。
この本や、私たちが東京で構える小さな料理教室を通して、かの美しい世界を少しでもご案内できることを願います。

アンドシノワーズ 園 健・田中あずさ
(「この本について」より)

レシピの難易度:★★

アンドシノワーズ(見本)

アンドシノワーズ(見本)

アンドシノワーズ(見本)

アンドシノワーズ(見本)

◎園 健(その・けん)
写真家、料理家、冒険家。インドシナ半島で旧フランス植民地の生活様式を主題にした撮影に取り組む。現在は主にメコン河流域の食文化の研究を行う。

◎田中あずさ(たなか・あずさ)
料理家、コピーライター。旧仏領インドシナの食文化をテーマに、東京都内で1日1組の料理教室を主宰。三国の中でも特に山あいの古典料理の研究を行う。

「Indochinoise(アンドシノワーズ)」はフランス語の形容詞。いまはもう「インドシナ」という呼称や文化も忘れられつつある一方、かつては確実に存在していた彼らの生活様式と歴史文化を丁寧に拾い上げたいと名付けた。現在は東京都内で1日1組限定の料理教室を開催。問い合わせは、info@indochinoise.com まで。WEB : indochinoise.com

[目次PDFを見る]

関連商品

はじめてのベトナム料理
定価1,760円(税込)
ベトナム料理は生春巻きだけじゃない
定価2,200円(税込)
羊料理
定価3,850円(税込)
ヴィーガン・レシピ
定価3,080円(税込)
ハーブ中華・発酵中華・スパイス中華
定価2,750円(税込)
プロのための貝料理
定価3,850円(税込)
Theサラダ&スープ500
定価1,980円(税込)
ソース&ディップス
定価2,750円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ