« 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理 西インド料理はおもしろい | TOPページへ

2021年09月09日

味・香り 「こつ」の科学 おいしさを高める 味と香りのQ&A

azikaori_dayori.png
『味・香り 「こつ」の科学』

著者:川崎 寛也 著
発行年月:2021年9月1日
判型:A5 頁数:288頁


巻末に、著者が引用・参考にした文献をまとめて掲載していますが、その数は215にのぼります。
1行の文の後ろに、いくつもの論文が存在することも珍しくありません。普段はほとんど意識することはありませんが、料理は科学なのだと、あらためて気づかされます。

調理科学に限っても、世の中にある論文の数は膨大で、さまざまな研究がさまざまなところで行われていることがわかります。


とはいえ、著者は「料理人は科学を学ぶべし」といっているわけでありません。ただし「科学的な考え方」は、たとえば新しい料理を考える際にもおおいに役立つといいます(具体的な方法は本書228頁をご覧ください)。


IMG-0810s.jpg IMG-0812s.jpg


プロばかりでなく、家庭の料理にも役立ちそうな内容です。

柴田書店Topページへ

投稿者 webmaster : 2021年09月09日 20:00