2,750円(税込)以上で送料無料

使える製菓のフランス語辞典
分類別 逆引き索引つき
定価 3,080円(税込) 在庫あり

発行年月 2010年3月7日
判型 四六変
頁数 240頁
著者 辻製菓専門学校 監修、小阪 ひろみ山崎 正也 共著
ISBN 978-4-388-06070-2

お菓子屋さんで修業中の人やお菓子を学ぶ人にとって実用的なフランス語を1400語に絞り込み、動作(調理用語)、器具、材料、お菓子などとジャンル別に並べた実用性を考えた製菓用語の辞書です。
一部カラー写真も添え、目で見てわかるようにしたのがポイント。アルファベット順と逆引き(和仏)の索引もつけ、ジャンルからだけではなくどこからでも素早く引けるようしたもので、使う側の目線で編集したところがおすすめです。

お菓子屋さんの現場やフランス語のレシピなどでよく使われる1400語に絞り込みました。
こうした語をジャンル別に大きく9つに分類し、項目によってはさらに細かく分けて紹介することで、スペルがはっきりわからなくても探せるようにしました。
以下がその分類と項目です。このほかにアルファベットで探せる索引や逆引き(和仏)も付帯し、どんな方向からも引きやすくしました。

1)「動作」(調理に使う動詞)
2)「程度や状況」(副詞)
3)「形態や状態」(形容詞や名詞など)
   味/色/形状・大きさ/状態・その他の形容/場所・位置
4)「器具」
   衛生(関係器具)/型/型や器具の材質/容器/設備/計る/切る/混ぜる・はさむ/漉す/絞る・流す
   煮る・加熱/焼く/のばす・抜く・塗る/仕上げる・飾る
5)「材料」
   穀類・粉/卵/砂糖/果物・ナッツ/香草・香辛料ほか/酒・飲料/乳製品/油脂/チョコレート/調味料・添加物
6)「菓子、生地やクリーム、副材料」
7)「地名」
8)「人名・店名・協会名など」
9)「その他」

使える製菓のフランス語辞典(見本)

使える製菓のフランス語辞典(見本)

わかりにくい動作用語や器具の用語などにはカラー写真をつけました。だから一目瞭然。
たとえば同じ「絞る」でもcoucher は絞り袋を斜めに倒してまっすぐに絞るときに、dresserは立てて1点に丸く絞りためる場合に使います。それが目でわかります。
目で見て印象づけることで記憶しやすくもなります。

さらに、用例を豊富にしました。シンプルな用例をたくさん入れることで、実際にどう使われるかがわかります。レシピを読むときの参考にもなります。
付録も実用的なものばかりです。
たとえば、「お菓子名のつけ方と副材料名のルール」では、お菓子名をどう書いたらいいかのポイントが出ています。さらに材料何個分といった分量の数え方各種やお菓子と関連が深い行事も一覧できるようにまとめました。行事はお菓子とのかかわりがよりはっきりと書かれています。

使える製菓のフランス語辞典(見本)

使える製菓のフランス語辞典(見本)

◆担当編集者より
2007年の初め、MOOK『CAKEing』の企画を考えていたとき、辻グループ校のエコール 辻東京の山崎正也先生に写真入りの用語集があると便利だと言われて、製菓用語の連載企画を設けたのがそもそものきっかけでした。かねてからお菓子の単行本をつくる際に材料名をフランス語で表記したり、資料で調べるフランス語のレシピを訳したりするときに、なかなかスムーズに引ける辞書はなく、使いやすい辞書がほしいと思っていました。幸い同グループで情報量が豊富な書き手小阪ひろみ先生を執筆者に迎え、刊行にいたりました。使いやすいことはもちろんですが、地方菓子の解説などでは由来やエピソードも少し交え、情報源としても活用できる内容です。
装丁は北村範史氏のやわらかいタッチのイラストで、持っていたくなるデザインです。カバーをはずしてみてください。ビニールカバーはおいしそうなチョコレート色にしてあります。
著者紹介

◎小阪ひろみ(こさか・ひろみ)
辻静雄料理教育研究所、主任研究員。大阪市立大学文学部西洋文学科フランス語・フランス文学専攻卒業。辻製菓専門学校でフランス語の授業を担当。

◎山崎正也(やまざき・まさや)
エコール 辻 東京、洋菓子主任教授。調理師専門学校卒業。同校をはじめ、辻製菓専門学校、辻調グループフランス校、辻製菓マスターカレッジに勤務し、リヨン「ベルナシヨン」、ニース「シエル・ダジュール」で研修。

関連商品