食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2020年10月号

拡大表示

《特集》シェフのアイテム315
発行年月
2020年9月18日
判型
A4変
頁数
134頁
定価
1,650円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》シェフのアイテム315
まだ広く知られていない最新の調理機器、特注で作った皿やグラス、カトラリー、修業時代から使い続ける包丁や鍋類、理想の味を生み出すための調味料――。料理界の第一線で活躍しているシェフたちは、どんなアイテムを活用し、自らのクリエイションと店作りに生かしているのでしょう。10月号は、シェフたちが実際に愛用するアイテムを総特集。315点を集めました。

●21シェフ×12アイテム
良康之(レストラン ラフィナージュ)/篠原裕幸 (ShinoiS)/和知 徹 (マルディグラ)/笠原将弘 (賛否両論)/
橋雄二郎 (ル スプートニク)/吉武広樹 (Restaurant Sola)/堀江純一郎 (リストランテ イ・ルンガ)/
東 鉄雄 (アカ)/小林武志 (赤坂 桃の木)/石井 誠 (ル・ミュゼ)/笹島保弘 (イル ギオットーネ)/
櫻井信一郎 (ローブリュー)/杉本敬三 (レストラン ラ・フィネス)/田村亮介 (慈華)/仲田高広 (ボルト)/
西塚茂光 (日本料理 ときわ)/飯塚隆太 (レストラン リューズ)/藤本義章 (ディファランス)/
平 雅一 (ドンブラボー)/朝比奈 悟 (アサヒナ ガストロノーム)/工藤 健 (メゾン ラフィット)


●パリの三ツ星 RESTAURANT KEIの厨房・アイテム
小林 圭


●海外3都市 気鋭シェフの愛用品
デンマーク・コペンハーゲン ラスムス・コフォード(ゲラニウム)
スウェーデン・ストックホルム ヨナス・ラーゲルストローム/ダニー・ファルケマン(エトワール)
英国・ロンドン ジェイソン・アサートン(ポーレン・ストリート・ソーシャル)


●料理人と道具
荒井 昇(オマージュ)/山本征治(日本料理 龍吟)/塩澤隆由(CAINOYA)/秋山能久(六雁)


●TERAKOYAのラボと機器
間 光男


●特別連載
柴田書店創業70周年記念企画
「外食・宿泊業70年史」第4回 1990年代


●新連載
♯シェフのSNS活用術 vol.1 米澤文雄(The Burn)


ほか


月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ