食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2022年8月号

拡大表示

《特集》イタリアの郷土料理
発行年月
2022年7月19日
判型
A4変
頁数
170頁
定価
1,650円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》イタリアの郷土料理
イタリアの料理とは、各地の郷土料理、伝統料理の集合体でしょう。そうであれば、イタリアの料理に取り組むうえで、それらに触れておくことは間違いなく必要です。とはいえ、どう表現するかはつくり手次第。8月号では、それぞれが伝統料理、地方料理をどう解釈し、どのように皿に落とし込むのかを掘り下げます。

・特別巻頭対談 「イタリア料理と郷土料理」
川敏明(ホスタリア エル・カンピドイオ)×小池教之(オステリア デッロ スクード)


イタリア料理を形づくる郷土料理
小林清一(トラットリア・イ・ボローニャ)/阿部修久(ジロトンド)/佐藤真一(クリマ ディ トスカーナ)/
渡部竜太郎(リオス ボングスタイオ)/寺床雄一(タランテッラ ダ ルイジ)/大下竜一(シチリア屋)/
小池教之(オステリア デッロ スクード)


クレアティーヴァな表現の、根本にあるもの
ルカ・ファンティン(ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン)/藤田政昭(ラチェルバ)/
北口智久(イル・チェントリーノ)/田淵 拓(サッカパウ)


イタリア菓子をテイクアウトで
藤田統三(ラトリエ モトゾー)


地理と気候、歴史からみるイタリア20州


ほか


※動画の再生には音がでます。ご注意ください。




月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ