2,700円(税込)以上で送料無料

月刊ホテル旅館
2018年12月号
定価 2,160円(税込) 在庫あり


発行年月 2018年11月22日
判型 A4変
頁数 168頁

banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》ホテル・旅館の料飲部門大改革

ホテル・旅館の料飲部門の強みとは何でしょうか。磨き上げられた調理技術、高いサービスレベル、長年にわたり継承された伝統……。これらも誇るべき強みですが、時代の流れによって、訴求力に揺るぎが生じてはいないでしょうか。今、打ち出すべきなのは「総合力」です。多彩な業態を集約したフロア構成での全方位集客、細やかな料理ニーズへの対応など、新時代のホテル・旅館の料飲部門の形を探ります。


レストランフロア大規模刷新事例
・4つのレストランを集約し、関西の食巡りが楽しめる食空間が誕生
 ヒルトン大阪 (大阪市・北区)
・17階からの博多一の眺望を生かし利用シーンやニーズに合わせてゾーニング
 ソラリア西鉄ホテル福岡 (福岡市・中央区)

高齢者・子ども・食事制限者でも楽しめる食体験を提供!
 “パーソナライズ料理”の提案

・本格的なフランス料理を高齢者向けに提供。独自メニューで食べる楽しみを創造
 ホテルニューオータニ大阪 (大阪市・中央区)
・療養中でも安心して食べられる食事を用意
 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館 (新潟県・村杉温泉)
・子ども向けにホテルならではの豊かな食体験を提供
 ANAインターコンチネンタルホテル東京 (東京・港区)

インバウンド時代の切り札
日本伝統のベジタリアン料理“精進”の可能性

・日本料理らしい華やかさと技術の裏付けで現代人に向けた新しい精進料理を
 有馬温泉 元湯 古泉閣 (兵庫県・有馬温泉)
・ホテルブッフェの最新事例
 東京ベイ東急ホテル/横浜ロイヤルパークホテル

ほか

[目次PDFを見る]