食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2018年1月号

拡大表示

《特集》鮨職人の技術に学ぶ
発行年月
2017年12月19日
判型
A4変
頁数
156頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》鮨職人の技術に学ぶ
こと魚の目利きと技術の高さにおいて、料理店の中で頂点とも言える存在が鮨屋でしょう。トップシェフたちが鮨屋に足繁く通うのも、その仕事に直に触れるために他なりません。では、料理人が学ぶべき鮨屋の技術とは何でしょう。料理人が足を運ぶべき鮨屋は---? 1月号は「鮨」を総特集します。


鮨職人が伝える14の仕事
● 小肌を酢で締める
● 鯖を酢で締める
● 大トロをヅケにする
● 鰹をたたきにする
● 金目鯛を昆布で締める
● おぼろを仕込む
● 蛸を煮る
● 穴子を煮る
● 煮蛤を仕込む
● 鮑を蒸す
● 赤貝を仕込む
● イクラの醤油漬けを仕込む
● 干瓢を煮る
● 玉子焼きを仕込む

各店のすし飯、ガリ、煮切り、煮ツメ拝見

鮨の仕事の基本用語

料理人が選ぶ 足を運ぶべき鮨屋

一夜限りの復活! 柴田日本料理研鑽会TOKYO「料理人による寿司」
 山本征治(日本料理 龍吟)×笠原将弘(賛否両論)×野永喜三夫(日本橋ゆかり)×黒木 純(くろぎ)

「すし処めくみ」今を支える技術と哲学

四季を彩る鮨店の酒肴

[TOPIC] 柴田日本料理研鑽会「日本料理フォーラム2017」

ほか

月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]

関連商品

鮨のすべて
定価4,968円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ