食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2017年11月号

拡大表示

《特集》料理人にとって酒とは
発行年月
2017年10月19日
判型
A4変
頁数
156頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》料理人にとって酒とは
「酒のことなら誰にも負けない」と言える料理人が、はたしてどれだけいるでしょうか。料理のテクニックをきわめることや、国内外の素材探しには熱心でも、酒にはそれほど執着がないという料理人が、大半を占めるのではないでしょうか。
食中酒としての酒、料理酒としての酒、その両方が料理人にとっての酒であり、料理人としてさらなる高みをめざした時に、避けては通れない道であると言えるでしょう。酒を知り、自在に操る術を持つべきなのは、ソムリエよりもむしろ料理人であるはずです。11月号では、料理人が持つべき実践的な酒の知識とテクニックを伝えます。
シェフ5人、深夜のほろ酔い座談会
川手寛康(フロリレージュ)× 武田健志(リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ)×
清水 将(アニス)× 長谷川在佑(傳)× 生井祐介(オード)

ワイン、日本酒、リキュール、ビール……6人に学ぶ酒活用術
●古賀純二(シェ・イノ)
●仲嶺淳一(ラ・カンロ)
●山本健一(アルシミスト)
●後藤祐輔(アムール)
●斉藤貴礼(オルタナティブ)
●山根大助(ポンテベッキオ)

ノンアルコールカクテルをレストランに!バーテンダー2氏が提案する16杯
新橋 清(サンルーカル・バー)/南雲主于三(ミクソロジー エクスペリエンス)

Dersou 関根 拓×アモリ・ギヨー
料理とカクテルの新しいかたち

医療、市場、心理 3つの目で見る酒の売り方、付き合い方

アルコールトレンド2017

《TOPIC》 現地ルポ ノルウェーのサバを巡る

ほか


月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]

関連商品

月刊専門料理
定価1,512円(税込)
新版 ワイン基礎用語集
定価3,456円(税込)
改訂 世界ウイスキー大図鑑
定価4,644円(税込)
はじめてのイタリアワイン
定価3,024円(税込)
ワインの事典
定価3,456円(税込)
ブルゴーニュ・ワイン
定価5,184円(税込)
改訂 NBA 新オフィシャル・カクテルブック
定価3,024円(税込)
進化するBAR by Drink Planet
定価2,700円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ