食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2017年1月号

拡大表示

《特集》フランス料理のニューウェーブ
発行年月
2016年12月19日
判型
A4変
頁数
172頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》フランス料理のニューウェーブ
2017年も、フランス料理界が熱い。
30代を中心とする若手の台頭が目覚ましい一方で、ベテランが満を持して独立し、その世界観をのびのびと表現するケースも目立っています。
フランスに目を向ければ、やはり日本人シェフたちは果敢に挑戦を続けているようです。ニューウェーブの訪れを感じてください。


●東京の新顔レストラン7
渡辺雄一郎(ナベノ-イズム)/古屋賢介(フルヤ オーガストロノム)
石井真介(シンシア)/小林隼人(ロクターヴ ハヤト コバヤシ)
斉藤貴之(オルタナティブ)/加藤順一(スブリム)/加瀬史也(オルグイユ)

●地方で輝くということ
福山 剛(ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ)/谷口英司(レヴォ)

まだまだ日本人シェフが熱い!フランスで戦う男たち
関根 拓(Dersou)/中谷慎祐(Restaurant Nakatani)/渥美創太(CLOWN BAR)

TOPIC
トップシェフ3名と探る!青森県産食材の魅力
柴田日本料理研鑽会「日本料理研鑽会フォーラム2016」

ほか


月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ