食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊専門料理2016年4月号

拡大表示

《特集》創刊50周年特別号 フランス料理の50年
発行年月
2016年3月19日
判型
A4変
頁数
200頁
定価
1,620円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》創刊50周年特別号 フランス料理の50年 1966―2015

『月刊専門料理』は本年創刊50周年を迎えました。
これもひとえに読者の皆様の温かいご支援、ご指導のおかげと感謝申し上げます。
大きな節目を迎えるにあたり、今月から4ヵ月にわたってフランス料理、中国料理、イタリア料理、日本料理の4ジャンルにフォーカスした特別記念号を発行いたします。

第1弾となる本号は「フランス料理」。
50年間で蓄積した情報と写真を集約・編纂し、フランス料理史をふり返ります。

◆年表と写真でふり返る 日・仏 料理アーカイブ

『専門料理』50年を彩った料理たち
―1965年/1966―1975年/1976年―1985年/1986―1995年/1996年―2005年/2005年―2015年
月刊専門料理(見本)

月刊専門料理(見本)

◆創刊50周年に寄せて フランス、巨匠からのメッセージ

『専門料理』50年の歴史を彩ってきたフランスの巨匠12人に、日本との関わりや、日本の料理界へのメッセージを寄せていただきました。

◆パリ、リヨン、ニース……『現代フランス料理』に見る、時代を創った37皿

『専門料理』では長年フランス現地の様子を伝えていますが、1981年から1991年にかけては各地のトップシェフや注目株を現地取材し、『現代フランス料理』と題した別冊を計7巻刊行。
当時の潮流を時差なく紹介しました。その中から、現代を作った19人のシェフと料理をご覧いただきます。


◆若き日、彼らは何を考え、何を語ったのか シェフたちの初登場

当企画では第一線で活躍する19人のシェフたちが、『専門料理』に初めて登場した際のインタビューを抜粋。
自身の料理観や未来への抱負を語る彼らの熱い言葉を、掲載当時の顔写真とともに紹介。


◆調理師団体・協会トップインタビュー 料理界のこれまでとこれから

宇都宮久俊氏(内閣府認定 公益社団法人 全日本司厨士協会 会長
          世界司厨士協会連盟加盟国 日本代表)
大庭 巖氏(一般社団法人 日本エスコフィエ協会 会長)
緑川廣親氏(トック・ブランシュ国際倶楽部 会長)
中村勝宏氏(ゴブラン会 会長)
大沢晴美氏(フランス料理文化センター 親善大使)


アンケート
料理界を担う16人に聞く 3つのQ(クエスチョン)と「未来について」

ほか

[目次PDFを見る]

関連商品

月刊専門料理
定価1,620円(税込)
月刊専門料理
定価1,620円(税込)
月刊専門料理
定価1,620円(税込)
月刊専門料理
定価1,620円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ