食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊ホテル旅館2019年12月号

拡大表示

《特集》料飲施設の新業態研究
発行年月
2019年11月22日
判型
A4変
頁数
156頁
定価
2,200円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_digital_shoseki.gif banner_teikisi.gif

《特集》注目ホテル・旅館の新店舗を解剖 料飲施設の新業態研究
外食産業の市場規模が減少するなかで実施された消費税増税。厳しさを増す市場環境で勝ち残るには、ホテル・旅館の料飲施設においても変化が必要です。長年築いた「看板」に安穏とすることなく、変化を求めてリニューアルを行なった事例を基に、現代のホテル・旅館の料飲施設に求められるものを探っていきます。

●注目ホテルのリニューアル店舗

唯一無二のフレンチファインダイニングが誕生
パレスホテル東京(東京・千代田区)

3店舗を同時改装し、独自の世界観を追求
ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市・北区)

日本料理店と炭火焼フランス料理店をドッキング
東武ホテルレバント東京(東京・墨田区)


●料飲で差別化する旅館の多店舗戦略

コンセプチュアルな料飲施設で心をつかむ
厨翠山/旅籠屋 定山渓商店(北海道・定山渓温泉)

“ツアービュッフェ”をコンセプトとした新ダイニングがオープン
ホテル華の湯/浅香荘(福島県・磐梯熱海温泉)


〈CHEF INTERVIEW〉
「レシピを変えながらも、伝統の料理を守り続けていきたい」
帝国ホテル 東京料理長 杉本 雄氏


〈SPECIAL TOPICS〉
1. 日本初進出を果たしたハワイの名門ホテルブランド
ハレクラニ沖縄

2. 埠頭に位置する客船ターミナルとの一体型ホテル
インターコンチネンタル横浜Pier8

ほか


[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ