食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊ホテル旅館2016年1月号

拡大表示

《特集》2016年の展望とわが社の経営課題
発行年月
2015年12月22日
判型
A4変
頁数
256頁
定価
2,160円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_teikisi.gif

《新年号大特集》 宿泊業界のリーダーが語る 経営者120人年頭所感
           2016年の展望とわが社の経営課題

日本経済の柱を担う主要産業として「観光産業」が持つ可能性に、かつてないほどの大きなスポットライトが当てられた2015年。世界経済危機や未曾有の自然災害を乗り切ってきた宿泊産業に、今、久々に持続性ある好況の大波が寄せている。国家の観光戦略が大きな転換期を迎える中で、宿泊産業業界全体と個々の企業にとって大きなビジネスチャンスが到来していることはまちがいない。
一方で、情報化社会の急速な動きと経済構造の変化は、観光産業に新たな課題を突きつけてもいる。個々の企業が今、何をすべきか。それが、日本の観光・宿泊産業の将来を左右するといっても過言ではない。
宿泊業界を代表する経営者120人が、「2016年の展望と課題」を語る。

《特集2》 宿泊業界4団体のトップに聞く
       「大転換期を迎える観光・宿泊産業、飛躍の鍵」


社団法人 日本ホテル協会 会長 小林哲也氏
「安心・安全を基盤にした日本のホテル産業のさらなる発展に向けた努力を」

一般社団法人 全日本シティホテル連盟 会長 藤野公孝氏
「新たな社会的価値の担い手として宿泊産業が果たす役割」

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会 会長 北原茂樹氏
「インバウンドを地方へと呼び込む地域情報サイトの構築を推進する」

一般社団法人 日本旅館協会 会長 針谷 了氏
「労働生産性を向上させる取り組みが人材確保と収益強化の第一歩」

《旅館の投資研究 特別版》
(1)石川・能登の伝統工芸を身近に感じられる“美術館に泊まる宿”
   加賀屋別邸 松乃碧(石川県・和倉温泉)
(2)強羅花扇が箱根強羅温泉で3軒目となる高級業態旅館を開業
   円かの社(神奈川県・箱根強羅温泉)

《海外レポート》
(1)マーロン・ブランドが愛した島にオープンした自然と共生するリゾート
   ザ・ブランド(フランス領ポリネシア・タヒチ)
(2)インドネシア・バリに登場した、2軒のリッツ・カールトン
   マンダパ・ア・リッツ・カールトン・リザーブ
   ザ・リッツ・カールトン・バリ(インドネシア・バリ)

《宿泊施設分煙レポート》
吸う人にも吸わない人にも快適な施設づくりを徹底的に研究
―ホテル木暮(群馬県・伊香保温泉)

《寄稿》
世界のホテル勢力図はどう変わる?
マリオットによるスターウッド買収の背景と日本への影響(土井久太郎)

《直撃インタビュー》
観光立国の担い手、宿泊業界と併走する有力パートナー企業14社のリーダーに聞く

《クローズアップ》
星野リゾートと日本政策投資銀行が「ホテル旅館リニューアルファンド」を設立

ほか



[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ