食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊食堂2016年10月号

拡大表示

《特集》社長業ってなんだ
発行年月
2016年9月20日
判型
A4変
頁数
124頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_teikisi.gif

《特集》企業予備軍に贈る 業界リーダーの社長像と哲学 社長業ってなんだ
一語に社長といっても、たとえば外食業界には、業態開発やレシピ考案に長けたクリエイター型、人心掌握に優れたカリスマ型、理論や数字に強いロジカル型などあらゆるタイプの社長が存在します。
また、そこには創業者、世襲社長、プロ経営者といった区分もあるでしょう。
しかし、そもそも「社長業」とはどんな仕事のことを指すのか。そして企業規模の大小や成長の段階によってトップのあるべき姿や役割も変わるのか。
この知っているようでいて知らない解を18人のトップインタビューから探るのが本特集の狙いです。
月刊食堂ではこれを独立開業のテーマのひとつとして捉えており、起業予備軍に「組織や社会においてトップはどういう存在であるべきなのか」を思索する機会を提示したいと考えました。

西山知義 会長   ダイニングイノベーション

大倉忠司 社長   鳥貴族

小林佳雄 会長   物語コーポレーション

河原成美 会長   力の源ホールディングス

岡本晴彦 社長   クリエイト・レストランツ・ホールディングス

松村厚久 社長   ダイヤモンドダイニング

新田治郎 社長   ジェイグループホールディングス

花光雅丸 社長   sublime

中村貞裕 社長   トランジットジェネラルオフィス

坂本憲史 社長   ファイブグループ

保志真人 社長   キープ・ウィルダイニング

江波戸千洋 社長  越後屋

人見洋二郎 社長  ダイニングファクトリー


組織の姿とステージで変わる 社長業のスタンスと持論
ベイシックス      岩澤 博 社長
SABAR         右田孝宣 社長
プレジャーカンパニー  望月大輔 社長
PrunZ         深見浩一 社長
オフィス・オギノ    荻野伸也 社長

《大型連載》
世界に示そうニッポンの外食力 アジアの巨大胃袋を掴め!!
「中国・上海 日式焼肉の現在地」

ほか

[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ