食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊食堂2016年7月号

拡大表示

《特集》成長株トップ10の質問
発行年月
2016年6月20日
判型
A4変
頁数
128頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_teikisi.gif

《特集》20-100店規模企業のトップにぶつける一問一答 成長株トップ10の質問
会社はでたらめに大きくはならない。
伸びる会社には必ず伸びる裏づけがあり、そこを紐解くのが今号の特集企図だ。
その観点に立ち、いままさに成長のど真中にある企業のトップに一問一答のインタビューを試みた。

登場する18社は店数でいうと20―100店規模。
事業を拡大してきたノウハウも、そしてこれからさらに成長するための課題もちょうど見えやすいステージにいるのではないか。
会社を大きくしたい経営者諸氏にとっても、起業予備軍たちにとっても、きっと学びのあるサンプルケースになるはずだ。

◆「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」の店数がいよいよ30店突破
 井石裕二社長 (株)NATTY SWANKY

◆「既存店の3割出店」でチェーン拡大のギアチェンジ
 内山九十九社長 (株)かぶら屋

◆「打率10割」の怪物ヒット店メーカー
 江波戸千洋社長 (株)越後屋

◆100店突破に向けて新戦略を始動した「元町珈琲」
 遠藤 久社長 (株)スイートスタイル

◆規格外の大ヒットチェーン「京都勝牛」の出店アクセル全開
 勝山 昭社長 (株)ゴリップ

◆2年後の100店突破の司会が開けた「がブリチキン。」
 加藤弘康社長 (株)ブルームダイニングサービス

◆組織固め完了で出店を再開した郊外居酒屋の開拓者
 佐野直史社長 (株)ファッズ

◆店長主義で拡大する東海のラーメン店「55」ブランド
 澤 竜一郎社長 (株)55style

◆「最強の外食店」を物流改革でつくる
 高橋誠太郎会長 スプラウトグループ

◆直営、プロデュース500店構想で描くラーメン界の新星
 田川 翔社長 (株)ギフト

◆埼玉南部のドミナント戦略で30店突破目前
 田子英城社長 (株)ロット

◆コンパクト経営でじわじわ店数を増やす「珈琲屋 らんぷ」
 坪内章浩社長 (株)らんぷ

◆福岡の限定商圏で30店体制を打ち立てる地方外食の雄
 寺川欣吾社長 (株)O・B・U Company

◆「かき小屋」の仕掛け人が次に狙うのは総合型居酒屋
 中川 洋社長 (株)ジャックポットプランニング

◆「ニクバルダカラ」で挑む3桁のミートバルチェーン
 蓮川昌実社長 (株)AJドリームクリエイト

◆外食企業ではなく「ワインを売る」会社
 東浦眞也社長 (株)ワインカフェカンパニー

◆宇都宮発「鳥放題」の快進撃で上場一直線
 人見洋二郎社長 (株)心屋

◆「マチサガ」エリアで人財と街を創る
 保志真人社長 (株)キープ・ウィルダイニング

《大型連載》
世界に示そうニッポンの外食力 アジアの巨大胃袋を掴め!!
「台湾 日本のうどんブランド出店状況リポート」



[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ