食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

月刊食堂2016年1月号

拡大表示

《特集》経営者147人業界予報
発行年月
2015年12月19日
判型
A4変
頁数
212頁
定価
1,512円(税込) 在庫あり


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


banner_teikisi.gif

《特集》2016年の業界動向とマーケット展望を読む 経営者147人業界予報

《特集1》年頭インタビュー女性社長/幹部11人 私たちの直感と感性

そもそも女性経営者をめずらしい存在として取り上げるわけだから、あるいはこの特集自体が差別的といわれてしまうかもしれない。
しかし、綺麗ごとをいっても現実に外食業界で女性が要職に就くこと、あるいは会社を率いるトップとしてタクトを振るケースはきわめて稀だ。ただ、だからこそ女性の力をもっと業界の推進力にできるのではないか、というのが本特集の主張である。

アイテム 伊原純子 社長
イイコ 横山貴子 社長
エー・ピーカンパニー 里見順子 取締役
エニ 奥澤友紀 代表
ケトル 岩倉久恵 社長
SORA GROUP 鈴木善姿子 社長
長岡商事 前川弘美 副社長
バルニバービ 北尾志津 執行役員
フィックス 古川香織 社長
Vegedining 笹部祐佳里 社長
紋七 林 紀子 社長

《特集2》外食経営者136人年頭アンケート ―わが社のマーケット展望と指針―

『月刊食堂』では毎年恒例の注目外食企業の年頭トップアンケートを実施した。今回は136人の経営者の方々にご回答いただいたが、インバウンド需要の拡大など景気浮上の兆しが見える反面、食材原価の高騰や深刻化する人材難など、外食業界にとって厳しい課題も山積。その中で各社はどんな施策を打ち出すのか。2015年の経営活動を振り返っていただくとともに、メニュー戦略、コスト・人材対策、出店と新事業計画、さらにマーケット展望を一挙掲載する。
Q1 2015年を振り返って
Q2 メニュー戦略
Q3 コスト対策
Q4 人材対策
Q5 出店計画・新事業
Q6 マーケット展望・注目動向

《大型連載》
世界に示そうニッポンの外食力 アジアの巨大胃袋を掴め!!
「台湾の焼肉マーケット (2)」

ほか


[目次PDFを見る]
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ