食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

バインミー図鑑ベトナム生まれのあたらしいサンドイッチ

拡大表示

SNSでも大人気! サンドイッチ界のニューフェイス
発行年月
2019年6月24日
判型
B5変
頁数
96頁
著者
柴田書店 編
定価
1,728円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06307-9


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


「バインミー」は、もとはといえば、フランス植民地時代にフランス人が自分たちのためにつくっていたフランスパン、
ハムやレバーパテなどをはさんだサンドイッチが現地の人々にも伝わったもの。
その後、ベトナムの食文化と混ざりあって独自の進化を遂げ、いまでは世界中で愛されています。

日本でも全国で続々と専門店が増え続けており、いまもっとも注目されているサンドイッチのスタイルです。

皮パリパリの昔懐かしきソフトなフランスパンに、レバーパテとハム、ピクルス代わりの大根のなます、香菜をはさむのが定番ですが、ベトナムではいまでも日々、新しいスタイルが生まれ続けています。そして、日本でも!

1章には専門店の、2章にはバインミーが大好きなレストランのシェフやベーカリー、バーの店主によるニュースタイルバインミーを収録。
具材の写真、はさむ順番を示した断面の写真ものせて、つくり方や味わいが一目でわかる構成としました。
もちろん、具材のレシピも掲載しています。

また、定番メニューであるハムとパテのバインミーは全店分をご紹介。ベトナムハムとレバーパテのつくり方も丁寧に解説しています。

バインミー図鑑(見本)

バインミー図鑑(見本)

ヌクマム風味の肉団子、スパイスで漬け焼きにした肉、トマトソースで煮たサバなどのベトナム料理らしい専門店のバリエーション、モダンなセンスの5人の料理人による2章、いずれも必見です。

バインミー図鑑(見本)

バインミー図鑑(見本)

[担当編集者より]
本書では日本におけるバインミー研究(!)の第一人者である足立由美子さん(マイマイ・エコダヘム店主)の監修により、いま日本でもっともおいしいバインミー専門店と、日本ならではの新しいバインミーを生み出せるシェフ5人のバインミー55品を収録しました。
ベトナムのクラシカルなバインミーから、新感覚のバインミーまで。サンドイッチの可能性がさらに広がること、まちがいなし!
[目次PDFを見る]

関連商品

サンドイッチとパンメニュー 238
定価2,376円(税込)
サンドイッチノート
定価2,700円(税込)
ベトナム料理は生春巻きだけじゃない
定価2,160円(税込)
はじめてのベトナム料理
定価1,728円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ