食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

世界に響くハードシェークバーテンダー上田和男の50年

拡大表示

世界の注目を集めるハードシェークの第一人者、上田和男氏の半生とそのカクテル技法
発行年月
2014年7月9日
判型
四六変
頁数
148頁
著者
達磨 信 著
定価
2,160円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-06193-8


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


今年バーテンダー歴50年を迎えた、銀座テンダーの上田和男氏の半生を、当時のバー文化を織り交ぜながらまとめた上田和男物語。

北海道に生まれ育った上田氏が高校卒業後上京し就職、そしてバーテンダーへの転職。
東京會舘、資生堂ロオジエというバーテンダーのエリートコースを歩み、数々のカクテルコンクールで優勝し、のちに世界に上田和男の名を広めることになるハードシェークを作り上げるまでの道のりを綴った。
後半は上田氏が50年間で積み上げてきたシェーク、ステア、ビルドの技術、代表的なカクテルレシピを収録。

前半は読み物。上田氏の幼少の頃から現在に至るまでの秘蔵の写真が各所にちりばめられている。
また改装前の東京會舘やパレスホテルの写真も貴重な資料として必見。
また上田氏ハードシェークを世界に広めるきっかけとなったニューヨークタイムズの記事も収録した。

後半のカクテル技術とレシピには、そのカクテルの持ち味を表現した印象的な写真を添えている。
この写真から、上田氏が何を考え、どのような思いをもってそのカクテルを作っているのかを、読み取ることができるのではないだろうか。

世界に響くハードシェーク(見本)

世界に響くハードシェーク(見本)

読み物なので、目に優しいクリーム色の紙を使用した。
しかしクリーム色の紙に印刷して、後半のカクテルの色が再現できるか気がかりだったが、カクテルの冷たさや濃度、漂う気泡の質感のイメージはなんとか伝えられたと思う。

たとえばp107。
マティーニのフィニッシュは、レモンの表皮(レモンピール)をつまんで曲げて、レモンの皮のエキスを飛ばして香りをつけるのだが、このレモンの霧状のエキスまで写真で再現することができた。

世界に響くハードシェーク(見本)

世界に響くハードシェーク(見本)

[担当編集者より]
今まで明かされていなかった上田和男氏の生い立ち、得意なスポーツ、カクテルとの出会いなど、レアな上田情報が満載。
上田氏の人となりを知ったうえで、後半のカクテルを見ると、今まで手が届かない存在だったハードシェークの印象も違ってくるのでは。

*編集部だよりは、こちら

◎達磨 信(だるま・まこと)
1958年生まれ。コピーライター。1984年より30年以上洋酒の仕事をつづける。現在、ディレクション、コピーライティングの傍ら、サントリーホームページにカクテルエッセイ「オンドリのしっぽ」、バーボンエッセイ「アメリカの歌が聴こえる」を連載。

[目次PDFを見る]

関連商品

カクテルテクニック
定価1,944円(税込)
新バーテンダーズマニュアル
定価2,592円(税込)
カクテル ホントのうんちく話
定価2,376円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ