食とフードビジネスの未来を創る[フード・ラボ] by 柴田書店



本サイトは個人情報の入力の際には、ブラウザとサーバ間でSSL暗号化通信を行い、入力データの第三者への漏洩を防止し、安全にデータの送受信が行えます。

ニューサラダブックプロがつくるアイデアサラダ174

拡大表示

毎日食べたいサラダ!サラダ!サラダ!
様々なジャンルの料理人8人が、新感覚のサラダ174品を紹介。 店のメニュー力を上げるサラダレシピ集。
発行年月
2006年5月29日
判型
B5
頁数
208頁
著者
柴田書店 編
定価
2,376円(税込) 在庫あり
ISBN
978-4-388-05991-1


   希望のネット書店を選択、矢印をクリック


サラダはいつも人気メニュー。美容にうるさい女性はもちろん、日頃の野菜不足を自覚しているお父さん。子供になんとか野菜を食べさせたいお母さん。お店でも家庭の食卓でも、とりあえず1品並べたいのがサラダでしょう。コース料理の前菜としてはもちろん、サラダを主役に据えたサラダランチ、また酒の肴としても人気です。
本書では、フランス料理、イタリア料理、日本料理、中国料理、フュージョン料理、エスニック料理の8人の料理人が、アイデアあふれる新感覚のサラダ174品を紹介しています。野菜を主体にした爽やかなサラダ、新鮮な魚介類や肉を使ったボリュームたっぷりのサラダ、油を使わないヘルシーなサラダなどバラエティー豊かです。

レシピの難易度:★

サラダの写真がとにかくおいしそう。野菜が食べたい!と思わず声に出したくなります。サラダのもうひとつの主役、ドレッシングは、小皿に入れて別撮りしたものを、後ろの頁でまとめてご紹介しています。その数105。どのサラダに使用したかも記しましたので、味の特徴や相性のよい素材が分かりやすいでしょう。
表紙カバーはグリーンの地にNEW SALAD BOOKの文字がデザインされ、つやつやのPP加工がされています。まるでドレッシングのかかった葉野菜を思わせるこのカバー、料理写真の多い料理書の中で、くっきりと目立ちます。

ニューサラダブック(見本)

ニューサラダブック(見本)

サラダは、料理人ごとにご紹介しています。フレンチはシェ・トモの市川氏とビストロ・ド・ラ・シテの古屋氏。イタリアンはラ・ルーナ・ロッサの八木氏。日本料理はかんだの神田氏と菊うらの菊浦氏。中国料理は彩菜の大宜味氏、フュージョンはレストランよねむらの米村氏、エスニックはキッチンの鈴木氏。お好みに合わせ、シーンに合わせて、つくるサラダが選びやすくなっています。

ニューサラダブック(見本)

ニューサラダブック(見本)

[担当編集者より]
今回料理人の方には、なるべくつくりやすいものを、とお願いしました。中には高級な素材や少し面倒な工程を経るものもありますが、ほとんどが身近な素材で簡単につくれるものです。たとえば中国料理は特殊な調味料がネックですが、彩菜の大宜味氏はスーパーの調味料棚を見て、手に入れやすいものを研究してくださったそうです。
また、サラダといえば、油を使ったドレッシングが常識と思う方には、神田氏の和風サラダがおすすめです。だしのジュレや塩昆布などをじょうずに使った本当にヘルシーなサラダに、目からウロコが落ちるでしょう。

◎8人のシェフ(50音順)

・『シェ・トモ』 市川知志 (フランス料理)
・『中国華膳』 大宜味剛 (中国料理)
・『かんだ』 神田裕行 (日本料理)
・『板前心 菊うら』 菊浦 達 (日本料理)
・『キッチン』 鈴木珠美 (ベトナム料理)
・『ビストロ・ド・ラ・シテ』 古屋壮一 (フランス料理)
・『ラ・ルーナ・ロッサ』 八木康介 (イタリア料理)
・『レストランよねむら』 米村昌泰 (フュージョン料理)
 

[目次PDFを見る]

関連商品

笠原将弘の和サラダ100
定価1,620円(税込)
サラダ好きのシェフが考えた サラダ好きのための131のサラダ
定価1,944円(税込)
サラダ・サラダ・サラダ
定価2,376円(税込)
味づくり虎の巻
定価2,808円(税込)
ソース&ディップス
定価2,700円(税込)
シンプルですてきな おもてなしフレンチ
定価1,944円(税込)
ベジコリアン
定価2,376円(税込)
フルーツパーラー・テクニック
定価3,240円(税込)
会社情報採用情報個人情報の取扱い特定商取引法に基づく表示WEBサイト利用規約著作権についてお問い合わせ広告に関するお問い合わせ